闇金相談所ならこちら

闇金相談所|法務事務所の無料相談はこちら

闇金の借金

闇金相談所(電話・メール)

 

私は闇金の借金問題を解決できました!

 

あなたの闇金問題も解決できるはずです!

 

 

 

 

闇金からの借金で困っている。
もう、どうしていいのか、わからない。

 

という人もいることでしょう。

 

その気持ち、わかります。
私もかつて、闇金からお金を借り、その返済に追われていました。

 

闇金の借金は返済日までの期間が短く、また、利子が高いため、一度借りてしまうと、その返済に追われてしまいます。
そして、金策に困ると、もうどうしていいのか、わからなくなってしまいます。

 

私はパニック状態に陥り、なおかつ、うつっぽくなり、自殺まで考えました。

 

しかし、
今は闇金の借金がなくなり、消費者金融やカードの借金を少しずつ返済しています。
貯金も70万円ほどあります。

 

なぜ、闇金の借金がなくなったのか、そして、数十万円の貯金ができたのか。

 

私がやったのは、相談。
司法書士に相談したのです。
そして、闇金の借金問題を解決してもらったのです。

 

これを読んでいるあなたが、闇金の借金問題を解決したいと思っているのなら、以下のところに電話をかけて相談してください。

 

闇金問題解決の実績が豊富な司法書士(法務事務所)です。
闇金問題の相談は無料です。
解決したい人、悩んでいる人、困っている人は相談してください。

 

電話相談(無料)

東日本にお住まいの方 ⇒ ジャパンネット法務事務所 0120-758-685

公式サイト:ジャパンネット法務事務所の闇金相談はこちら

 

西日本にお住まいの方 ⇒ エストリーガルオフィス 0120-735-072

公式サイト:エストリーガルオフィスの闇金相談はこちら

 

 

 

相談の前に闇金の借金についてメモにまとめておく

上記の相談窓口に今すぐ電話をかけてもよいのですが、できれば、相談前に闇金の借金についてメモなどにまとめましょう。
それから電話をかけると話がスムーズに進むはずです。

  • 何件の闇金から借りているのか
  • 全部でいくらくらい借りているのか
  • いつくらいから借りているのか
  • 利息はいくらくらいなのか

 

電話相談の段階では、だいたいでいいと思います。
動揺してはっきりとわからない方は、わかる範囲でかまいません。

 

どうしてもまとめられないという方は、すぐに電話をかけてよいでしょう。
電話相談で安心すれば、まとめられるようになるはずです。

 

 

司法書士や弁護士に闇金への対応を依頼するといくらかかるのか?

闇金の借金問題を司法書士や弁護士に依頼したいが、費用が気になる。

 

司法書士や弁護士に闇金への対応(闇金との交渉)を依頼するといくらかかるのか?

 

闇金の借金問題のほとんどは、闇金対応に力を入れている司法書士や弁護士に依頼すると解決します。
闇金からの借金はなくなります(チャラになります)。
元本がなくなるので、今後の利息も発生しません。

 

ただし、司法書士や弁護士に闇金への対応を依頼した場合、費用がかかります。
その金額は司法書士や弁護士によってことなります。
たいがい、闇金1件あたりいくら、で金額が設定されています。

 

相場は借入先の闇金1件あたり5万円前後。

 

闇金1件あたり7万円以上かかるところもあります。

 

闇金問題の解決にかかる費用

 

エストリーガルオフィス

闇金1件あたり4万円(プラス消費税)

 

ジャパンネット法務事務所

着手金 闇金1件あたり2万9000円〜4万9000円
成功報酬 なし

 

※念のため、最新の情報は公式サイトか電話相談で確認してください。

 

費用は、闇金の件数によって変わることもあります。その場合、闇金の件数が多いほど安くなります。

 

ヤミ金の相談は全国対応なのでどこからでも相談OK!

北海道/青森県/秋田県/岩手県/宮城県/山形県/福島県
東京都/神奈川/千葉県/埼玉県/茨城県/栃木県/群馬県
福井県/石川県/富山県/新潟県/長野県/愛知県/静岡県山梨県//岐阜県/三重県
大阪府/兵庫県/京都府/和歌山/奈良県/滋賀県
広島県/岡山県/山口県/鳥取県/島根県/香川県/愛媛県/高知/徳島県
福岡県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/佐賀県/鹿児島/沖縄県

 

 

闇金解決の費用は高い?

「闇金解決の費用って、けっこう高いんだな」と思った人も多いはず。
たしかに、けっして安くはないですね。

 

しかし、これでほとんどの場合、闇金からの借金がなくなり、利息も発生しない、取り立てもなくなり、催促もなくなり、嫌がらせもなくなる。
追い込みを気にせず、落ち着いた生活に戻れる可能性が高くなるわけです。

 

司法書士や弁護士に費用は後払い・分割払いにできるので、闇金からの借金がなくなった後、生活を立て直しながらゆっくりと支払っていけばよいわけです。

 

闇金問題の解決にかかる費用は後払い・分割払いにできる

闇金のジャンプのお金すら払えないのに司法書士や弁護士の費用など払えるわけがない。

 

もっともな話です。

 

闇金問題の解決を司法書士や弁護士に依頼すると、当然のことですが費用がかかります。
着手金という名目だったり、成功報酬という名目です。
その金額は闇金1件あたり4〜6万円。

 

複数の闇金から借りている場合、着手金はけっこうな金額になってしまいます。
一括で払える余裕があるのなら、闇金の借金は完済できてしますでしょう。わざわざ闇金問題の解決を依頼しなくていいわけです。
司法書士や弁護士の費用を一括で支払える人はほとんどいないはずです。
私も一括で払えるほどのお金は持っていませんでした。

 

こういったことは、司法書士や弁護士の側もわかっています。
なので、ほとんどの事務所(司法書士事務所、法務事務所、弁護士事務所、法律事務所)では、闇金問題の解決にかかる費用を後払い・分割払いにできます。
手元にお金がなくても闇金問題の解決を依頼できるわけです。
闇金の借金がなくなった後、司法書士・弁護士費用をゆっくりと支払っていけばいいのです。
闇金への返済に比べれば金額が小さいので、払っていけると思います。
生活を立て直しながら払っていきましょう。

 

 

司法書士に解決を依頼するメリット

「オレは自分で闇金と交渉して解決するから司法書士に頼む必要はない」という人もいることでしょう。
闇金問題の解決を司法書士に依頼すると、当然、着手金か成功報酬といった費用がかかります。これはデメリットといえます。
ですから、自分で解決できるのなら、そのほうがいいでしょう。
司法書士へ依頼するメリットは、闇金の出方を知っているので解決する確率が高いからです。落としどころ、和解のポイントを知っています。
闇金案件に特化した司法書士は、闇金の情報を持っています。

 

○○は電話をすれば和解に応じる
○○は元金分未満の支払いでも和解に応じる
○○はジャンプのお金を元金分以上に払っていれば、おとなしく和解に応じる
○○はごねるかもしれない
○○は和解に応じないかもしれない

 

というように、いろいろな闇金の情報を持っています。闇金側の出方を把握しているわけです。
これは交渉に役立ちます。この情報しだいで闇金との交渉方法が変わってきます。
情報があると、ないとでは、解決する確率が大きく変わってくるでしょう。
借りている闇金が和解に応じないようなところであれば、事前に根回しをしておかなければなりません。
たとえば、実家の電話番号を知られている場合、先に電話をかけ、手を打っておきます。どういった手を打てばよいのかは、司法書士にアドバイスしてもらえます。

 

自分で交渉する場合、こういった闇金の情報がないので、どう対応するか、その場で考えていかなければなりません。
闇金側も素人が相手なので、強気に出てくるでしょう。
自分で解決しようと行動したら、かえって火に油を注いだようになってしまった。
そういった話も聞きます。

 

勿論、司法書士に依頼するかどうかの最終的な判断は、あなたがするべきです。
お金の都合もあるでしょう。司法書士への報酬は後払い・分割払いにできますが、それでも払い終わるまで数カ月かかります。
私としては、司法書士に頼むメリットが大きいと思っているので、1日でも早く司法書士へ相談することをおすすめしますが、よく考えた上で決断してください。

 

 

闇金地獄から抜け出したい

利息を払うだけで精一杯。
闇金地獄から抜け出したい。
抜け出せるだろうか?

 

そう思って、毎日を過ごしている方もいることでしょう。
私もかつて、同じような思いで、毎日を過ごしていました。

 

抜け出せます!

 

私は闇金地獄から抜け出せました。
あっけなく抜け出せました。

 

先にも説明しているように、司法書士の無料相談をきっかけに、司法書士に闇金との交渉を依頼しました。
交渉してもらったら、すぐに闇金と和解。

 

もう終わりですか? 本当に借金はなくなったんですか?

 

と疑ったくらいです。

 

あんなに苦しんでいたのに、こんなにあっけなく解決するなんて。

 

もっと早く相談すればよかったと、少し後悔しています。もっと早ければ、闇金の件数も少なかったのに(闇金への返済のため、別な闇金から借りてしまいました)。

 

あなたも、私と同じようにすれば、闇金地獄から抜け出せるはずです。
私と同じように、司法書士の無料相談をきっかけに、司法書士に闇金との交渉を依頼しましょう。

 

 

ゼロ和解(0和解)か、元金だけ返済か

 

闇金との交渉は、司法書士・弁護士によってことなります。
主に、以下の3パターンです。

  1. ゼロ和解
  2. 元金だけ返済
  3. 利息を元金分以上に払っていればゼロ和解、元金分以上払っていなければ元金返済

 

1つ目のパターンは、ゼロ和解で交渉。
ゼロ和解とは、客(借り手)と闇金との間で、債権・債務関係がないことを確認すること。借金なし、で和解することです。
ただ、利息を元金以上払っていないと闇金によっては和解に応じないことがあります。
また、過払い分は放棄することになります。

 

2つ目のパターンは、元金だけ返済で交渉。
利息はもう払わないが元金だけは返済する、ということで和解に持ち込みます。
この場合、闇金側は利息分の利益が出るので、和解に応じる確率が高いです。
ほとんどは、分割払いで元金を払っていきます。

 

3つ目のパターンは、利息を元金分以上に払っていればゼロ和解、元金分以上払っていなければ元金返済で交渉。
依頼者が、ゼロ和解か元金だけ返済かを選べることもあります。

 

 

自分で闇金業者と交渉

オレは自分で闇金業者と交渉して、借金を整理する。
だから、司法書士は必要ない。

 

そう思っている方もいることでしょう。
自分で闇金業者と交渉するのもアリだと思います。本来、そうするべきなのかもしれません。
しかし、いざ、やるとなると大変です。話の持っていき方を間違えると、闇金の担当者を怒らせることになり、かえって事態が悪化してしまいます。

 

自分で闇金業者と交渉すメリット・デメリット

メリット

お金がかからない
司法書士や弁護士に依頼すると着手金や報酬金がかかりますが、自分で交渉するなら費用は電話代くらいです。これは大きなメリットです。

 

デメリット

闇金の出方がわからない
闇金案件に特化した司法書士や弁護士は、多くの闇金業者の情報を持っています。いろいろな闇金と交渉した実績があるので、そのときに得られた情報があります。どの闇金がどのような出方をしてくるか、といったことがわかっています。
なので、交渉の戦略を立てることができます。「この闇金業者は利息を元金以上払っていれば借金をなしにしてくれる」「この闇金業者はすぐ勤め先に電話をかける」など、わかっているのです。出方に合わせた交渉ができるので、借金整理をスムーズにおこなえたり、嫌がらせの対策ができるわけです。
私はこのメリットが大きいと思い、司法書士に依頼しました。

 

嫌がらせ
自分で交渉すると、闇金が嫌がらせをしてくることが多いと思います。シロウトが相手なので、強気だやってくるはず。
しかし、法律家が絡めば、嫌がらせをしてくる闇金は少ないでしょう。

 

交渉に応じてもらえない
自分で闇金業者と交渉する場合、そもそも闇金の担当者が話を聞いてくれないことがあります。
私も、「もうどうにもならないので、あと元金だけにしてくれませんか?」と交渉したのですが、担当は、「○日に利息、よろしく」といって電話を切ってしまいました。
交渉にならないわけです。
しかし、司法書士が電話をかけたら、あっさり借金なしにしてくれました。法律家が絡めば、話は聞くようです。

 

 

闇金問題はプロの手を借りて解決

一般の消費者金融と闇金業者の違いはどこにあるのかというと、闇金は「高金利」が特徴だということです。
一般の消費者金融の金利は上限20%までと決まっています。
20%を超える金利だと出資法違反で刑事罰が課せられます。
ですが闇金はそんなことは関係なく、消費者金融は年利ですが闇金は「月利」で高金利なのです。
月利40%といったところも多数あるようで、闇金に手を出してしまう人ってお金に困っている人ですよね。
その弱みにつけこんで、この掲示した条件に納得してもらえないならお金は借りてもらわなくても結構ですといった態度を取ってきます。
月利40%もの利息がつくと借りたお金だけでなく利息分を返済するのも困難ですよね。
自分が闇金に借りているという自覚はあるものの、どこからも借りられないし、闇金と関係を断ち切る解決策もわからない。解決しようとしたが暴力や脅迫などしてくるようになったなど、一人で解決しようとしても出来ないものです。
闇金の解決ならば必ずプロの手を借りましょう。
高金利での借入をし、一生闇金との関係を続けると一生借金がついてきます。
本来ではかなりの過払い金が発生していますし、必ず解決策はあります。
闇金からは手を引き、苦しい生活から開放されましょう。

 

 

闇金被害の相談は司法書士と弁護士のどちらがよいのか?

闇金相談所は、司法書士の事務所(法務事務所)と弁護士の事務所(法律事務所)があります。
どちらにするべきでしょうか?
司法書士や弁護士になにかを依頼するのははじめて、という人がほとんどなので、迷いますよね。
じつは、私もけっこう迷いました。そもそも、司法書士って何をする人なのか、わかっていませんでした。司法というくらいだから、法律に関わる何かをする人、くらいの知識でした。
これは、どちらでもよいと思います。
過払い金やその他債務整理の場合、金額が多いのなら司法書士ではなく、弁護士に依頼します。
しかし、闇金の場合、金額が多い(140万円を超えるほど)ということはほとんどないので、司法書士でも弁護士でもかまいません。
重要なのは、闇金との交渉がしっかりとできるかどうか、です。
闇金問題の解決では、闇金側とうまく交渉し、引いてもらわなければなりません。債権を放棄してもらいます。
相手は違法と知りつつ営業をしている業者です。
当然、交渉にはスキルが必要。
闇金の出方を知り尽くしているような、司法書士か弁護士に依頼しないと、問題解決がうまくいかないでしょう。
闇金問題を解決した実績が豊富な司法書士か弁護士を探して依頼してください。

 

 

司法書士への相談は検討しましたか?

闇金被害の解決をお考えの方、司法書士への相談は検討しましたか?
闇金被害は放っておくとどんどんひどくなります。
自分だけではなく、家族や会社・ご近所の方にも迷惑がかかるのです。
精神的苦痛から普通の生活を送ることができず、病に陥ってしまう人もいるようです。
このような闇金被害の解決にはエストリーガルオフィスに相談してみませんか?
エストリーガルオフィスは安心して利用できる特徴があり、まず相談は無料。電話受付は平日の9:30〜21:00、メールでの受付は24時間です!
電話の被害がひどくて、相談の電話をする余裕も無いというひとは真夜中でもメールの受付をしていますのでまずは電話の来ないうちにメールで相談してみるというのはいかかでしょう。
そして費用の分割払いが可能です。
借金で相談に来ているのに、ここでの費用を一括で何万円も用意できないですよね。このように分割払い対応のところは助かりますね。
また、闇金被害の解決後のサポートも充実しています。
解決後にもしかするとまたなにか問題が起きるかもしれませんよね。
そのサポートが付いているのは、一度怖い思いをした人にとってはかなり心強いものです。
闇金問題解決には専門の人の力を借りましょう。
一人で悩んでいても何も解決は出来ません。
エストリーガルオフィスにまずは無料相談をしてみてください。

 

 

エストリーガルオフィスに相談

まさか自分が闇金の被害に遭うなんて思っていなかった人が多いのではないですか?
闇金とは知らずに、おいしい広告に騙され借り入れしてしまった…、どこの消費者金融でも借りることができず、ここなら借りることが出来ると言われて借りてしまった…など理由は様々あると思います。
闇金からの嫌がらせ、早めの解決が必要ですよ。
自分だけでなく会社の人間や近所の人にまで迷惑がかかることがあります。
そんな闇金被害の解決にはエストリーガルオフィスをおススメします。
エストリーガルオフィスは相談無料で24時間受付しています。
電話受付は平日の9:30〜21:00、
メールでの受付は24時間行っています。
闇金被害は取り立てや嫌がらせによる精神的苦痛が大きな負担になり、普通の生活すら送れなくなることもあります。
エストリーガルオフィスは誰にも知られずに、お客様の立場になって闇金問題解決までサポートしてくれます。
闇金は違法業務だとわかって貸し付けています。
そして顔を知られてしまっては業務に支障が出る可能性が高いので、主に電話での取り立て・嫌がらせが多いのです。
違法だとわかっているので司法書士のような法律のプロに手を出されては、闇金業者も業務が出来なくなるのでしょう。
闇金被害は必ず解決できます。
相談無料のエストリーガルオフィスにまずは相談してみましょう!
嫌がらせや取り立ての無い普通な毎日に近づけますよ。

 

闇金被害救済!解決までサポート

司法書士エストリーガルオフィスでは、闇金被害救済を行ってくれて、解決までサポートしてくれるという心強い味方になってくれるのです。
借金をしているくらいですので、すぐに費用を用意するという事は難しいでしょう。
そんな方にも嬉しいのが、無料相談を受けてくれるという事、分割支払いが可能となること、状況にあった解決方法を提案してくれるという事になるのです。
日々、追い詰められてしまうほど苦しんでいるという人もいるでしょう。
しかし、悩んでいるだけではヤミ金問題は解決することは絶対にないのです。
終わらない返済や、鳴り続ける催促の電話や取り立て、実家や近所への嫌がらせなど、自分だけではなく周りにまで迷惑をかけてしまっているという人もいるでしょう。
恐喝のような催促の電話が怖いという人もいるでしょう。
そんなヤミ金問題ですが、9:30〜21:00まで電話での相談を受け付けており、メールは24時間いつでも受け付けられておりますので、追い詰めらえてどうしようもなくなってしまったという人は、最終手段として、司法書士への相談を検討してみるといいでしょう。
費用の事も含めて無料相談の際に相談することが出来ますので、心強いですね。

 

 

ジャパンネット法務事務所の闇金相談

ジャパンネット法務事務所はあらゆる借金問題を解決することができる法律相談所で、様々な方法で通常の金融機関からの借金の債務整理を進めていくだけでなく、闇金からの借金に対しても親身になって相談、解決することができるのです。
そもそもお金を融資する業務を始めるには多くの手順を踏んで国から認可されないといけないのですが、闇金とはそういったことは一切行わずに営業を始める違法業者で、しかし人間の心理を熟知していますから法外な利息のついた債務を返さざるをえない状況まで追い詰めてくるのです。
違法な金利や違法業者から借りたお金は法律的には支払う必要はないとはいえ、相手は法律違反をものともしない連中ですから個人だけで戦い抜くことは不可能です。
しかしジャパンネット法務事務所ではどのような闇金業者に対しても法律を駆使して逆に追い詰め、執拗な電話や違法な取り立てを即座に停止させることができるのです。
またこれまでの豊富な実績から闇金のやり口を完全に把握しており、相談者それぞれに最適な解決方法を提案することもできるのですが、それに加えて借金問題を相談する人の経済状況にも理解がありますから、相談料は無料、解決費用も分割払いで支払うことが可能となっているのです。

 

闇金被害の相談ができるジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所は、闇金問題に強い法務事務所です。司法書士が対応するので、費用は弁護士に比べて安価である傾向があります。分割払い、後払いが可能なので、手持ちのお金がないという人でも闇金問題を解決できます。フリーダイヤルでの電話相談は何度でも無料であり、いきなり電話をするのが不安な方はまずはメール相談をすることもできます。
闇金被害にあった方の中には、近くの法律事務所に行っても断られてしまったということがあります。普通の債務整理とは違って、闇金問題は特殊なので、対応してくれる法律事務所が少ないようです。大切なのは、闇金問題についての経験や実績が豊富な法律事務所に依頼をするということです。
経験・実績が豊富な法律家ならば、電話一本で闇金問題を解決してしまうこともあります。闇金は犯罪であり、放置していると家族や友達、職場などへ被害が拡大することもありますので、被害にあったとわかったらすぐに専門家に相談をすることが重要です。
ジャパンネット法務事務所は、直接事務所に行って相談をしなくても、電話だけで問題を解決してくれます。2万件以上の解決実績があり、全国に対応しているので、まずは無料相談を受けてみることをおすすめします。

 

 

闇金問題の法律相談ならジャパンネット法務事務所

闇金は、法外な利息を借金に課し、しかも脅迫に近い取り立てをして、債務者を借金地獄へと追い詰める恐ろしい貸し金業者です。最初から関わらないのが一番ですが、どこも貸してくれないために、うっかり闇金に手を出してしまう人もいるでしょう。しかし、関わったら最後、抜け出すのは非常に難しいものです。
借金返済に行き詰ったら、債務整理という方法があります。債務整理とは、借金を整理整とんし返済方法を考えたり、到底返済不可能なr自己破産を選択したりというものです。しかし、多くの法律事務所は闇金問題に関わりたがらないのが現状です。面倒になるのが目に見えているので、債務整理の相談にいっても門前払いになることもあるでしょう。
そういうときには、ジャパンネット法務事務所に依頼するのがおすすめです。ジャパンネット法務事務所は、闇金対応に長い歴史を持つ法務事務所で、闇金業界でも有名なところです。
ジャパンネット法務事務所に債務整理を依頼すると、闇金の執拗な取り立てがとまります。合法的な方法で守られて借金問題が解決し、新たな人生を踏み出せることにもなるでしょう。
借金は先延ばしにすればするほど、状況は悪化します。それを避けるためにも、一刻も早く行動を起すことが重要です。

 

日本の貸金業者は、利息制限法と貸金業法に基づいた商売をすることが法律で定められています。利息制限法とは上限利息を定めたもので、10万円までは20%、10万円から100万円までは18%、100万円を超すと15%の金利までとなっています。貸金業法の中には、総量規制というものがあり、収入の3分の1までしか貸付してはいけないという決まりがあります。これらの法律を完全に無視して、高利貸しをしているのが闇金です。さらに、取り立てが厳しく、時として脅迫してくることもあります。そういう闇金に関わってしまったらどうすればよいのでしょうか?
闇金問題はかなりデリケートであり、誰でも引き受けてくれるわけではありません。嫌がらせをされることもあるので、関わりたくないと思ってしまうのです。
しかし、ジャパンネット法務事務所であれば安心です。長年の闇金対応の実績があるので、どんな闇金問題も引き受けてくれます。債務整理を依頼すると、その時点で債務者の接近ができなくなりますので、ストレスから解放されることにもなるでしょう。
ただただ悩んでいても問題は解決しません。闇金の苦しみから逃れるためには、一歩踏み出してみることをおすすめします。

 

 

取り立てで困ったらジャパンネット法務事務所に相談する

闇金から取り立てに合っている場合、一人で対処するのは困難であることが多いです。闇金は法外な利率による利子の支払いを共用するなど、法律違反を犯しています。しかし法律違反であると分かっていても、取り立てに来た闇金業者と面すると言い負かされてしまうで人がほとんどです。また最初は優勢に言えたとしても、結局相手の恫喝に怯んでしまい、その恐怖から何も言えなくなってしまうことも少なくありません。そのような状況になってしまうと闇金の思う壺です。今後も闇金のペースで取り立てが続く事になるでしょう。このような事になる可能性が高いので、自分の力だけで何とかしようとするのは絶対に避けた方が良いです。最終的には自分や家族に金銭面以外にも被害がおよび、取り返しがつかないことになる恐れもあるのです。そうなる前に、専門家に対処を頼んだ方が得策であるといえます。
法律事務所は数多くありますが、その中でもジャパンネット法務事務所は闇金に対して抜群のノウハウを所有しています。どのような強引な取り立てにも負けない経験があり、豊富な法律の知識を駆使して取り立てから守ってくれることでしょう。取り立てで困っている場合は、一人で抱え込まずにぜひジャパンネット法務事務所に相談してみてください。

 

お金に困っても、最初から闇金で借金をする人はまずいないでしょう。銀行、消費者金融、町の貸金それから、最後の手段として闇金を選ぶものです。そのため、闇金もしっかり顧客の足元を見てお金を貸すものです。法定金利とは程遠い高額利息をとり、しかも怖い取り立てをして債務者を追い詰め、借金地獄に陥れるのが闇金の手口といえるでしょう。
滞納すると執拗な取り立てにあい、あまりの恐怖にまともな判断能力がなくなってしまうこともあるものです。そういう場合は、法の専門家に相談するのが一番です。とはいっても、どこでも相談に乗ってくれるわけではなく、嫌がらせを恐れ闇金とは関わりたくないと思う法律家も少なくありません。
そんな中、ジャパンネット法務事務所は、闇金問題を対処し続けてきたプロ中のプロといえるでしょう。ジャパンネット法務事務所に債務整理を依頼すると、すぐに闇金の恐怖の取り立てはストップします。ストレスから解放され、人生を立て直せることにもなるでしょう。
借金問題は放置していても解決されることはありません。精神的におかしくなり泥沼にはまってしまう前に、法律の専門家であるジャパンネット法務事務所に相談することをおすすめします。

 

 

闇金の基礎知識※理解すれば怖くない

このカテゴリーでは「闇金の基礎知識」についてまとめています。
闇金は怖いように思えますが、よく理解すればけっして怖くありません。
じつは、闇金側もいろいろなことを恐れながら営業をしています。
警察もそうですし、法律家(弁護士や司法書士)、客(借り手)も恐れています。
理解したうえで、闇金の借金問題を解決しましょう。

 

闇金とは?

通常、個人や法人に対して融資をもたらす貸金業を経営するには都道府県知事か財務局に登録申請を行い、これを認めてもらう必要があります。認可されるとその証明書が発行されるので、もしもそれを保有せずに貸金業を行っているのであればそれは必要な認可を受けずに営業を行う闇金といえるでしょう。
闇金では信用情報がブラックの人にも融資を行うと同時に、その代わりに利息制限法が定めた限度を超える年利を課するので利用者の中には返済がままならなくなり、いつしか利息の支払いだけでも大変な状態に陥ってしまいます。さらに毎月の返済が遅れると、担当者が電話で強圧的な口調で返済を求めたり、あるいは自宅に押し掛けてきて罵ったり、暴力を振るわれたり、嫌がらせや脅迫をされることもあります。また自宅のみならず勤務先にも電話をかけたり、押し掛けてきたりするので、利用者は精神的にもどんどん追い詰められていくことになります。
さらに闇金業者は利用者が返済できないとなると、その引き換えとして犯罪行為を強要されたり、風俗や水商売などでの就労を強制されたり、グループの闇金から追加借り入れを行ってますます借金地獄から抜け出ることができなくなる場合もあります。闇金とはこういった負のスパイラルをもたらす危険な存在と言えるのです。

 

最新の闇金情報

日5割、7日10割の闇金が増えています
10日5割(トゴ)の利子で驚いていましたが、最近は7日5割、7日10割の利子を取る闇金が増えています。
返済までのスパンが短くなり、ますます、完済が難しくなるでしょう。

 

LINE系闇金が増えています
最近はLINEだけでやり取りする闇金がいます。
困ったことに、電話番号がわからないので、込み入った交渉がしにくい。

 

嫌がらせは勤め先への電話
最近の傾向として、取り立てにくることはほとんどないのですが、嫌がらせの電話がすごいようです。
勤め先にガンガン電話がかっかてくる。会社であれば、本社や支社にまでかかってくることも。
これで、退職をうながされるケースもあるようです。

 

押し貸しに注意!
相変わらず、押し貸しが多いようです。被害続出!
やたらと個人情報を明かさないようにしましょう。とくに口座の情報は明かさないこと。
押し貸しで振り込まれると、やっかいですよ。

 

近所への取り立てに注意!
最近の闇金のほとんどは取り立てにきません。それについてはこのページでも説明しています。
しかし、ごく一部ですが、未だ取り立てにくる闇金があります。
とくに、個人名で営業している闇金に多いようです。
自宅だけでなく、自宅周辺(近所)にまで取り立てにいきます。勿論、本気で近所から取り立てるつもりはないでしょう。嫌がらせでやっているわけです。じゅぶん注意してください。

 

 

闇金と消費者金融の違い

闇金とは知らずに借りてしまった。どうしよう。
ふつうの消費者金融だと思って借りてしまった。

 

このような人がけっこういるようです。

 

闇金というと、消費者金融などの正規の(登録しているという意味で)貸金業者から借りられなくなった後に「仕方なく」利用するイメージがあります。
はじめは大手の消費者金融やクレジットカードのキャッシングで借り、その後、中小の消費者金融で借りる。限度額がいっぱいになると、闇金やクレジットカードの現金化でお金を融通する。
こんな流れが多いようです。

 

しかし、なかには、はじめに闇金から借りてしまう人もいます。
たいがいは、闇金とは知らずに借りてしまったようです。
闇金と消費者金融の区別がつかない。ごっちゃになっているわけです。

 

ここでは、闇金と消費者金融の違いについて理解しておきましょう。

 

闇金と消費者金融の違いは主に2つ

  • 貸金業の登録をしているか、していないか
  • 利息が利息制限法よりも低いか、高いか

 

貸金業の登録をしているか、していないか

1つ目の違いは、「貸金業の登録をしているか、していないか」です。
貸金業を営むには、都道府県知事または財務局長への登録が必要です。

 

「東京都知事(1)第12345号」

 

というような表記を目にしたことはありませんか?
これは「貸金業の登録番号」です。
カッコ内の数字は登録(更新)の回数を表しています(3年毎の更新が必要)。数字が大きいほど経営年月が長いというわけです。
消費者金融は貸金業の登録をしていますが、闇金業者のほとんどは貸金業の登録をしていません(まれに闇金でも登録しているところがありますが)。

利息が利息制限法よりも低いか、高いか

1つ目の違いは、「利息が法定金利よりも低いか、高いか」です。
借金の利息は法律(利息制限法)で定められています。

 

  • 元本10万円未満は年20%
  • 元本10万以上100万未満は年18%
  • 元本100万以上は年15%

 

消費者金融は、かつてこの上限を上回る利息で貸付を行っていましたが、現在では上限内で貸付を行っています。
言うまでもありませんが、闇金は法定金利を無視。
法定金利をはるかに上回る金利で貸付をおこなっています。

 

消費者金融は法律遵守、闇金は法律違反

日常生活の中でお金が不足した時、消費者金融を利用すると便利に必要金額を用立てることができます。しかし借り入れ金額が総量規制を超えたり、返済が遅れたり、返済不能になって法的手続きを行ったりするとそれがブラック情報として記録され、今後は一般的な消費者金融での審査通過が難しくなります。

 

そんな時でも変わらず借り入れを可能とするのが闇金です。ただし、闇金は消費者金融とは決定的に内容が異なり、借り入れは簡単だったとしてもかえって自分の首を絞めることになりかねないので注意が必要です。

 

例えば、消費者金融を含む貸金業者は貸金業法に則って運営されています。そこには総量規制や利息制限法など消費者を守るための規則や法律があって、業者はこれを遵守することが義務付けられています。しかし闇金ではこれらの法律や規則を無視する形で、難しい借り入れを認める代わりに法外な利息を取ったり、あるいは返済が遅れると電話や訪問にて強圧的な取り立てを行って利用者を精神的に追い詰めていきます。

 

さらに闇金は犯罪組織や暴力団などと関係があるケースが多く、返済不能に陥った利用者に対してさらなるグループ会社からの借り入れを強制したり、犯罪行為に手を染めさせたり、女性などは水商売などで働くことで返済を強要されることもあります。これら全ては全て法律違反ですが、闇金ではこういったことを平然と行うので極めて危険な存在といえるでしょう。

 

 

消費者金融会社はお金を貸して、その利息で儲けを考えている企業であり「貸金業者」と言えます。
しっかりと届け出を出している業者のため、法律をしっかり守っており、健全な会社です。
対して闇金業者は消費者からお金を搾り取ることを考えた業者であり、そもそもお金を貸して、その利息で利益を出そうという考えはありません。
もちろん届け出などは提出していませんので、法律は一切無視。
お金を貸すというのはキッカケであり、返せなくなった途端に、その人の財産をむしり取る動きをしてきます。
利用者が振込み先口座を教えると、希望額に程遠いような少額のお金を振り込んだ上で法外な金利を要求してきたり、利用者が期日にお金を返そうと思っても、闇金業者はあれやこれやと理由をつけて、元金を返済させてくれません。
そして半永久的に利用者からお金をふんだくろうとする、ちょっと考えられないような手段を用いてきます。
消費者金融会社と闇金業者をはっきり区別するポイントは、届け出がされているかどうかを確認することです。
今の世の中、貸金業者はインターネット上で公式のオフィシャルサイトを所有しています。
もしホームページが存在しない企業であれば、その時点で怪しい企業と言えますし、ホームページ上で貸金業者としての届け出番号が載っていない企業も要注意です。

 

貸金営業の許可を受けた貸金業者でも闇金の可能性は否定できない!

法律を遵守した貸金業者でも、実態は闇金というケースがあり、『関東財務局長(〇)第〇〇号』や『東京都知事(〇)第〇〇号』といった登録番号だけで判断するには注意があります。
ここで注意したい点は、()内の数字であり、新規登録および登録更新を示しています。例えば、会社概要も情報が不足し、(1)という場合はある程度注意が必要になります。
闇金は、正規の手続きを踏まえ、悪事が発覚し登録許可が取り消されても、会社名や住所を変え、代表者も変えて営業を続けているケースが少なからずあります。
先ずは、登録更新が3年毎に行われ、営業期間の長いというのが見分け方のポイントになります。また、日本貸金業協会の登録会員番号も予めチェックする必要があり、非会員では無いのか、会員資格が停止されていないかといったことも重要です。
最近では、インターネットを利用し、小さな貸事務所で営業を行うことも可能であり、一昔前の闇金に比べ手口が巧妙になっています。ホームページ上の情報で、貸金営業の登録番号や日本貸金業協会の会員番号があっても、その情報が事実とは限りません。
もし、大手消費者金融の様に知名度の低い貸金業者からの借り入れを検討する場合、営業許可の登録番号と協会の会員番号を自ら調べるのがおすすめです。

 

 

闇金融の見分け方

まだヤミ金から借りたことがない人は、今後、被害に遭わないためにヤミ金の見分け方を知っておきましょう。
また、すでに借りている人も、今後、被害を拡大しないためにも知っておきましょう。

 

1. ブラックOKといった広告を出している
まともな貸金業者は、ブラックリストに載っている人に融資をしません。
ですから、「ブラックOK」といった広告を出しているところは、怪しいと思ってください。
かなりの確率でヤミ金融です。

 

2. 振込名義や振込先名義が個人名になっている
まともな貸金業者の場合、振込名義は会社名です。振込先名義も会社名です。
しかし、ヤミ金の場合は、振込名義も振込先名義もほとんどが個人名義です。
これは、他人名義の口座を使っているためです。
振込名義や振込先名義が個人名になっていれば、かなりの確率でヤミ金融です。

 

3. 返済日までの期間が短い
ヤミ金のほとんどは返済日までの期間が10日ごとになっています。
まともな貸金業者の場合、返済日は1カ月ごとです。
返済日までの期間が10日間であれば、かなりの確率でヤミ金融です。

 

4. 貸付のとき、利子分を先に取る
ヤミ金の場合、貸付のとき、利子分を取ることがあります。
たとえば、トゴの融資条件で3万円借りたとします。
最初に利子分の1万5000円を引かれ、手元にくるのは1万5000円です。
正味、3万円を借りようとしたら、6万円の融資を申し込まなければなりません。
このような、とんでもないことを平気でやります。
借りる側も、「これはひどい」と思うのですが、お金に困っているので、仕方なく借りてしまいます。
また、「これはひどい」と思い、融資を断ると、キャンセル料を請求されることがあります。

 

5. 貸付のとき、事務手数料などの料金を取る
ヤミ金の場合、貸付のとき、事務手数料などの料金を取ることがあります。
振り込まれた金額が融資を申し込んだ金額よりも少ないので問い合わせたら、「事務手数料として○千円引いています」といわれる。
このような、とんでもないことを平気でやります。

 

6. 契約書を交わさない
ほとんどのヤミ金は契約書を交わしません。

 

このほかにもいくつかあるのですが、以上の6項目でヤミ金だとわかるでしょう。
ヤミ金だと思ったら借りないことです。
すでに借りてしまっていたら、すぐに完済しましょう。
どうしても金銭的に苦しくて返せない場合は、当サイトで紹介している闇金相談所に電話をかけて相談してください。

 

 

 

 

闇金融はどのような人をターゲットにしているのか?

基本的には、お金に困っている人なら誰でもターゲット、といったとこでしょう。
フリーターでも、無職でも、主婦でも、ブラックリストに載っている人でも、自己破産した人でも、多重債務者でも。

 

闇金に融資を申し込んでくる人のほとんどは、なんらかの事情で、まともな貸金業者からお金を借りられない人です。
プロミス、アコム、アイフルといった消費者金融から借りられない人。クレジットカードのキャッシングもできない人です。
限度額いっぱいまで借りているか、ブラックリストに載っているのどちらかでしょう。
まれに、まともな貸金業者から借りられるのに、なぜか、闇金から借りてしまう人もいるようですが。

 

「ブラックリストに載っている人に貸して大丈夫なのか?」と思った人もいるでしょう。
勿論、闇金は「回収できる」と判断したからブラックリストに載っていても金を貸すわけです。
当然、ブラックリストに載っている人は返済が滞るというリスクが高いので、小口の貸し付けだったり、利子を高くした貸し付けになるでしょう。

 

多重債務者や自己破産した人のリスト(名簿)を手に入れ、ダイレクトメールを送り、営業をしている闇金融もあります。

 

ブラックリストとは?
「ブラックリスト」という名簿が存在するわけではありません。
事故情報や延滞情報が金融機関の個人信用情報に登録されることをいいます。
消費者金融への返済や、クレジットカードの支払いが滞ったりするとブラックリストに載ることになります。

 

多重債務者とは?
多重債務とは、複数の貸金業者からお金を借りていること。借入先が5件以上になると多重債務ということになります。
多重債務者とは、多重債務に陥っている人のこと。つまり、借入先が5件以上ある人のことです。

 

無職でも借りられるのか?

いくら闇金でも無職だと融資を断るところが多いようです。
昔の闇金だと無職でも貸し付けていました。勿論、それなりに利息を高くしますが。
最近は、ネットで客が集まるためか、無職だと断るようです。
これは、当然、飛ぶ確率が高いからです。
職に就いていれば、収入があるので、返済する。
また、職に就いていれば、職場への嫌がらせを恐れて、返済する。
逆に、職に就いていないと、収入がないので返済できないし、職場への嫌がらせを恐れる必要がないので返済しなくなる。
だから、無職の人には貸付を断るのです。

 

 

闇金の利息はトゴが多い

闇金の利息はどれくらいなのか?

 

「闇金は利息が高い」ということは多くの人が知っていることと思います。
では、利息はどれくらいなのか。

 

かつて、闇金の利息といえば「トイチ」がふつうでした。
元本に対して10日で1割の利息がつきます。
5万円借りた場合、10日で5000円の利息がつくわけです。
「なんだ、それだけか。たいして高くないだろ」と思った人は、最近、闇金から借りた人でしょう。
トイチでもかなり高い利息でした。

 

しかし、最近の利息はもっと高いです。
「トサン」や「トゴ」が当たり前になっています。
トサンは元本に対して10日で3割の利息がつきます。5万円借りた場合、10日で1万5000円の利息がつくわけです。
トゴは元本に対して10日で5割の利息がつきます。5万円借りた場合、10日で2万5000円の利息がつくわけです。

 

こんな融資条件でお金を借りたら、まとまったお金が入らない限り、ジャンプするだけで精一杯でしょう。とても元本の返済にまでお金が回りません。。
現在、トサンやトゴ、それ以上のきつい融資条件で闇金からお金を借りている方は、返せる見込みがない場合、当サイトで紹介している司法書士に相談しましょう。
闇金の借金問題なら無料で相談できます。
次の返済日がくる前に相談し、アドバイスをうけましょう。

 

 

トゴを金利に直すと2億6750万4316%

闇金は通常の法律では認められていない高い金利を付けて請求をすることで利益を出している違法業者です。
では具体的にその金利はどれくらいなのかと言うと、現在主流となっているのは「トゴ」と呼ばれるものです。
これはよく言われるトイチの五倍、つまり10日で5割といった極めて高い金利になっています。
こうした高い金利だと借りる人もいないように見えるのですが、実際闇金業界はここ数年でかなり縮小しました。
法律による取り締まりが激しくなり、弁護士事務所なども積極的に解決を請け負うようになったことで事業自体が難しくなったのです。
しかしそれでも無くならなかった事業者は少なくなった資本で多くの人に少額ずつ貸し付けるタイプの営業にシフトして、その中で一人当たりに貸し付ける金額が減るのなら利子をもっと多く取って稼ごうという考え方が生まれてきたわけです。
当然トゴで請求をされてもおおよその人は返せませんが、10日で5割ならば20日で元本分は回収できますから、万が一返済不能になったとしても赤字になる可能性は低いです。
ちなみに現在の法律では金利の上限を融資額に応じて15〜20%にしていますが、このトゴを金利に直すと2億6750万4316%となっていますから、まともな生活を崩したくないのであれば借りないようにしましょう。

 

トゴは法律上で認められている上限金利の100倍

闇金の利子ですが、トゴと呼ばれるものが多いです。トゴとは何のことかというと、10日で5割の略です。昔は、闇金の利子はトイチ、トサンと呼ばれるものが多かったのです。それぞれ、10日で1割、10日で3割の略です。トイチというのは時代劇などでも聞いたことがある人がいるかもしれません。
トイチであっても高利貸しと言われたくらいですから、トゴというのは高利貸しの域をはるかに越えています。1万円借りると、10日後には1万5千円にして返さなければなりません。
法律上の上限金利は年に20%程度ですから、これは10日に換算すると0.5%程度に過ぎません。おおざっぱに言うと、1万円借りて10日後に返すとすれば、1万50円ということです。闇金のトゴは法律上で認められている上限金利の100倍もの暴利ということになります。ですから、はっきり言えばこういう闇金には手を出してはいけません。
とくに闇金の場合は、1万円借りて10日後に1万5千円を返そうととしても、いろいろと難癖をつけて利子分に当たる5千円分しか受け取らないなどという場合もあります。元本の1万円はそのまま残るのですから、これを繰り返されると、10日ごとにただひたすら5千円を支払い続けるというようなことも起こってしまいます。

 

 

闇金の営業(集客方法)

闇金はどのようにして客を集めているのか?
かつては、以下の3つが多かったようです。

  • ビラ
  • 新聞広告
  • DM(ダイレクトメール)

ビラは電柱などに貼られていました。「保証人不要!」「即日50万円まで融資!」などの文字が目立つようなビラでした。私もパチンコ店の近くで目にしたことがありました。最近はあまり見かけないような気がします。
新聞広告を出している闇金もあったようです。スポーツ紙や夕刊紙の三行広告です。中小の消費者金融や街金などの広告に混ざって出していたとか。
DMも多かったようです。突然、知らない業者からDMの封書が届く。ビラと同じように、「保証人不要!」「即日50万円まで融資!」などの文字が目立つようなチラシですが、ビラはモノクロで、こちらのチラシはカラー。

 

最近の営業は少し変わってきたようです。

  • DM(ダイレクトメール)
  • ホームページ(ウェブサイト)
  • ネットの掲示板

DMは相変わらず、ありますね。
自己破産者へのDMが多いようです。おそらく、官報に載った破産者をもとにリストを作り、DMを送っているんどえ章。
また、メールによるDMもありますね。
あと、ホームページによる営業、集客も確立されてきたようです。ほとんどは、ソフト闇金です。
それから、ネットの掲示板による営業、集客も多くなってきました。こちらは、個人のヤミ金も混ざっています。ソフト闇金よりも低い利息で貸す人もいれば、「1週間で10割」といったとんでもない利息で貸している人もいます。

 

なぜ、知らない闇金業者からDM(ダイレクトメール)が送られてくるのか?

知らない闇金業者からDMが送られてきた、という方も多いのではないでしょうか。
これは、リストに載ってしまっているからです。
過去に、どこかのヤミ金で借りたとか、どこかの貸金業者から借りたとかで、そのデータをもとにリストが作成され、流れたと考えられます。

 

なぜ、知らない闇金業者から電話がかかってくるのか?

相変わらず、知らない闇金業者から電話がかかってくるということが多いようです。
これも、DMと同様に、リストに載ってしまっているからです。
グループ(または系列)の闇金業者でリストを回していることもあります。元締めが同じだと、よくあります。

 

闇金業者はどのようにしてリストを手に入れているのか?

  • 名簿屋から購入
  • グループの闇金から入手
  • ネット上で個人情報を抜く

 

名簿業者には様々なリスト(名簿)があります。貸金業者から借りたことがある人のリスト(ある貸金業者から流れたリスト)、闇金から借りたことがある人のリスト(ある闇金業者から流れたリスト)などを購入するようです。

 

グループの闇金から入手することもあるようです。
同じ系列の闇金で借りた人をリストにしたものを、流してもらいます。

 

ネット上で個人情報を抜いてリスト化するケースも増えています。
掲示板などで、架空の融資話を書き込む。メールを送ってきた人に、個人情報を書いて融資を申し込んでもらう。その後、融資はしないで、リストにして闇金に流す。こういったケースが増えているので、掲示板などの融資話には注意してください。

 

リストに載ってしまった場合の対処法は?

リストに載ってしまうと、そこから削除というのは難しいと思います。
まして、リストが不特定多数の業者に渡ってしまうと、削除するのは事実上、無理です。
「手数料を振り込んでもらえれば、闇金のリストからあなたのデータを削除します」という話を持ちかけてくる業者もあります。
勿論、そんなことはできません。これは詐欺です。言われたとおりに入金しても、リストに載ったままです。
引っ越して住所を変え、電話番号も変えないかぎり、闇金からの営業電話がかかってくる可能性があります。

 

 

ヤミ金の被害は警察に相談するのがもっともよいのか?

ヤミ金の被害に遭い、警察に相談する人も多いようです。
ヤミ金の借金問題は警察に相談することで解決できるのでしょうか?
これは、解決する場合と、解決しない場合があります。
問題となるのが、「民事不介入」という警察の原則です。
ヤミ金と客のトラブルは、金銭の貸し借りであり、民事の問題。なので、警察はなかなか動きにくいといえます。

 

これに警察が介入するとなると、それなりの理由や犯罪の決め手となる証拠が必要になるでしょう。
それなりの理由とは、たとえば、暴力をふるわれたとか、脅されたとか。暴力行為があれば、警察も動かざるをえません。
犯罪の決め手となる証拠があれば、さらに動きやすいでしょう。たとえば、電話での催促や脅されたときの会話を録音しておくなど。
ただ返済できないというだけでいくと、「嫌がらせや危害を加えられたら来て下さい」と追い返されることもあります。

 

ヤミ金から頻繁に電話がかかってくるようであれば、警察の方に直接電話に出て対応してもらうのもいいでしょう。

 

警察に相談する場合は、所轄の警察署へ行きます。所轄警察署がわからないという人はネットで調べるといいでしょう。近くの交番にいって所轄警察署を効いても良いでしょう。
警察署へ行くときは、事前に「ヤミ金のことで相談したいのですが」と電話をしてからだと話がスムーズに進みます。

 

大阪府警察 | ヤミ金融事犯に関すること

 

警察で闇金対策を教わり、自分で解決

今では「過払い金は戻ってきます」のCMを見るのが当たり前のようになっていますが、ほんの十数年前までは金利も高く、返済が苦しくなり返済のための借金を繰り返す自転車操業状態に陥り、最後には借りる場所もなくなりつい闇金に手を出してしまうという人も多かったのではないでしょうか。という私がその闇金に手を出してしまった一人なのですが。闇金があんなにも怖いものだと思わずに、その時はとにかくお金を用立てるのに精いっぱいで貸してくれるならどこでもいいと思い電話してしまいました。貸す方はいいカモが現れたと思ったでしょう。簡単に貸してくれました。返済の迫っていたカード会社への入金が間に合うと闇金会社からの取り立てのためにまた枠が空いたところから借りて返すという地獄のような日々が始まりました。家族に知れるわけににはいかない。借りるところはもうない。闇金会社に頭を下げるのが普通になっていきました。金利など全然頭に無く返せるところ借りれるところを考える毎日でした。しかしとうとうどうにもできなくなり、いろいろ調べたときに警察の相談センターを見つけてすがる思いで電話しました。そこで対策のレクチャーを教わり、闇金会社に電話をし金利について警察に相談したことを話し取引終了のお願いをし話を終えました。手も声も震えていました。警察の名を出したとたんにそこの会社からの電話が来ることはなくなり、開放感でいっぱいでした。しかしいろいろな闇金会社からの勧誘の電話はしばらく続き、心の休まる日はありませんでした。多額債務も家族に全部話し解決しました。その頃には闇金会社からの電話もなくなり借金地獄から抜け出せました。カード会社からの過払い金は戻ってくるかもしれませんが、闇金会社からは苦しみしか戻ってきません。もうどうしようもなかったからとつい手を出してしまった闇金があんなにも怖いとは思いもしませんでした。だいぶお金はかかりましたが、社会勉強にはなりました。今ではカードも作らず借金もせずの生活をしていますが、簡単にお金を借りて生活しても幸せにはなれないということを肝に銘じるようになりました。闇金は本当に怖いものです。全てをなくしてしまうものです。
※投稿していただいた体験談です

 

 

ヤミ金への返済を滞納してしまったらどうなるの?

闇金は利子が極めて高いので、ほとんどの人は数回ほどジャンプしただけで、返済がきつくなります。中には、1回目の返済期日でさえ返済できない人もいます。
その場合、どうなるのでしょうか?
闇金融はシノギとしてやっているので、当然、「まあ、いいよ」と見逃すことはないでしょう。
ヤミ金への返済を滞納してしまった場合、

 

1. ヤミ金から催促の電話がかかってくる

まずは電話攻撃です。
催促の電話ががんがんかかってきます。居留守を使って電話に出ないと、出るまで数十分おき、数分おきに電話をかけてきます。
電話に出れば、怒鳴られる。脅されることも。
「すぐに振り込め」と
しつこい闇金融になると、返済するまで数十分おきに電話をかけてきます。
当然、借りているほうは精神的に参ってしまいます。

 

2. 取り立てや嫌がらせがはじまる

電話での催促でも返済をしないと、今度は取り立てや嫌がらせがはじまります。
かつて、ヤミ金といえば、厳しい取り立てをしていました。厳しい取り立てをするから、それを恐れて、ほとんどの人はしっかり返済していました。厳しい取り立ての上に成り立っていたビジネスといえます。
しかし、現在は厳しい取り立てをするヤミ金は減っています。
その理由はいくつかあります。

警察を恐れているから

ヤミ金は違法行為なので、当然、警察を警戒しています。
厳しい取り立てをし、その客が警察にかけ込めば、そのヤミ金は警察に目をつけられることでしょう。
立件できるとなれば、逮捕もあります。
それを恐れ、取り立てに行かないヤミ金も増えています。

小口の貸付だから

小口の貸し付けということも、取り立てをしない
かつてのヤミ金は十万円単位で金を貸し付けるところが多かったよう。
一度、ヤミ金に電話をかけ、「5万円はど借りたいのですが」と頼んだら、「うちは小口の貸し付けはしていない」と断られました。
しかし、現在では、5万円でも多いほうです。
1〜3万円の小口貸し付けがほとんどです。なかには、数千円単位のところもあります。
このような小口で取り立てにいったのでは割に合いません。
時間もかかるし、交通費もかかる。取り立てにいって、本人に会えるかどうかわからないし、まして、金がないのに回収できるかどうかわからない。
コストやリスクに見合わないため、取り立てにいかないというわけです。

距離が遠いから

最近のヤミ金はネットで営業をしているところが増えてきました。
ネットで広告を出したり、どこかの掲示板に書き込んだり、メールで営業をかけたり。
遠方の客にも貸し付けをします。
そのため、事実上、直接取り立てに行くのは難しいといえます。
数時間かけて1〜3万円を回収しにいったのでは割に合いません。
交通費は客に払わせることになるでしょうが、そもそもお金がないから返済できないので、交通費を払えるとはかぎりません。払えなければ、ヤミ金が損をすることになります。
このため、取り立てにいかないヤミ金も多いのです。

 

このような理由で、現在は取り立てをするヤミ金が少なくなっています。
しかし、すべてのヤミ金融が取り立てをしないわけではありません。
なかには、損得を考えず、取り立てをするヤミ金もいます。
借りた本人やその家族のところにヤミ金がやってきて、怖い思いをすることもありえます。
心配な人は司法書士に相談しましょう。

 

 

闇金からの催促電話があったらどう対応すればよいのか?

闇金への返済が滞ると、闇金から催促の電話がかかってきます。
できれば、電話に出たくないですよね。
どうせ、電話に出ても怒鳴られるだけ。場合によっては脅されます。
なので、着信音が鳴っても出なかったり、留守番電話サービスにしていたり、携帯電話の電源をきっていたり。
こういったことをしたくなってしまいます。

 

電話に出るべきか、出ないべきか?
怒鳴られると思いますが、私なら出ます。
そうしないと、しつこく電話をかけてきます。闇金によっては数分おきにかけてきます。
また、電話に出ないと、職場や身内などに電話をかけられてしまう恐れがあります(融資審査の際に連絡先を教えている場合)。
なので、電話に出たほうがいいでしょう。

 

でも、対応すればいいのか、わからない。
という方も多いことでしょう。
まし、数日後にお金の入ってくる予定があるのなら、少し待ってもらいましょう。
「今はお金がなくて払えませんが、●日にお金が入ってくるので、この日まで待ってください」と交渉します。
それで、待ってもらえないようであれば、司法書士、弁護士、警察のいずれかに相談しましょう。

 

また、お金の入ってくる予定がないのなら、もう覚悟を決めて、司法書士、弁護士、警察のいずれかに相談しましょう。
私なら、闇金からの電話には出ないで、すぐ、司法書士に相談します。
アドバイスをしてもらい、必要であれば、闇金の借金整理を依頼します。

  1. 闇金への返済が滞る(連絡をしていない)
  2. 闇金から電話がかかってくる(たぶん、催促の電話)
  3. お金の入ってくる予定がないのなら、電話に出ない
  4. 司法書士に相談する
  5. アドバイスをしてもらい
  6. 必要であれば、闇金の借金整理を依頼する

 

 

ヤミ金の嫌がらせ例

注文していないデリバリーが届く
ピザ、寿司、ラーメン、弁当などが配達される。とくに、ピザが多いようです。
当然、注文していないので断るのですが、その際、配達スタッフや店側と揉めることがあるようです。
気が弱い人は、仕方なく代金を払ってしまった

 

消防車や救急車などの緊急車両がくる
突然、自宅に消防車や救急車などくる。勿論、119番通報などしていないのに。
「電話はかけていません」と説明。
向こうは、「嫌がらせ」とわかり、迷惑な顔。
仕方なく、平謝り。こちらは悪くないのですが、やはり、謝るしかないでしょう。
緊急車両がくるのは自宅だけではありません。
勤め先にもくることがあります。当然、会社としては迷惑な話です。これが原因で、退職をうながされた人がけっこういるようです。

 

葬儀屋がくる
勿論、誰も亡くなっていません。葬儀の手配などした覚えもありません。

 

ドアに紙を貼られる
自宅のドアに「金、返せ!」「お金、返してください」「ドロボー」など書かれた紙を貼られる。
かつては、多かった嫌がらせです。
しかし、最近は少ないようです。取り立てといっしょで、わざわざ自宅までくるヤミ金が少ないからです。

 

近所へ取り立てに行く
隣のうち、隣の部屋は当たり前。同じマンションの部屋すべて。近所のコンビニ、スーパー、その他商店。
職場、上司や部下の自宅、子供の学校など。
ほとんど関係ないところにまで取り立てにいきます。
「○○さんにお金を貸したが返してくれない。あなたが代わりに返してくれないか」
当然、返済を断るのですが、
「じゃあ、あなたが代わりに取り返してもらってくれ」
などと、いってきます。
勿論、返さなければならない義務などまったくありません。
そのことは、ヤミ金もよくわかっています。取り立てにいっても回収できないとわかっているのです。
では、なぜ、するのか?
それは、嫌がらせでやっているのです。
このような闇金は少なくなりましたが、それでもまだいるようです。

 

 

ヤミ金の嫌がらせ期間

ヤミ金の嫌がらせはいつまで続くのか?

 

嫌がらせをうけている人にとっては深刻な悩みですよね。
私も嫌がらせをうけました。そのとき、たった3日間で、精神的に参ってしまいました。

 

ヤミ金の嫌がらせ期間は、ヤミ金によってことなります。一概に、「期間はこのくらい」とはいえないわけです。
悪質なヤミ金になると、1カ月くらい続くようです。1カ月間、毎日、救急車を呼ばれたり、消防車を呼ばれたり、寿司やピザのデリバリーを届けられたり。しかも、自宅だけではなく、勤め先の会社や身内の家にまで。それだけでなく、自宅、勤め先の会社、身内の家に電話ががんがんかかってくる。
このようなことが毎日続けば、誰だって精神的に参ってしまうことでしょう。
ふつうのヤミ金は、3日〜1週間程度で嫌がらせをやめるようです。

 

また、返済状況によっても嫌がらせの期間は変わってきます。
利息を元金分以上に払っていれば、ヤミ金のほうも損をしていないので、短い期間で嫌がらせをやめます。
利息を元金分以上に払っていなければ、ヤミ金のほうも損をしているので、長い期間で嫌がらせを続けるでしょう。

 

それから、借りた金額にもよります。
1、2万円程度の元金であれば、短い期間で嫌がらせをやめます。
10万円を超えるような元金であれば、長い期間で嫌がらせを続けるでしょう。

 

私の場合ですが、約1週間、嫌がらせが続きました。

 

嫌がらせが続いている人は、以下のところに相談しましょう。

  • 当サイトで紹介している司法書士
  • 所轄警察署、または都道府県警察

 

 

闇金からの嫌がらせ※対処法について

闇金への返済が順調なうちは、これといったトラブルは起きません。
闇金側はビジネスとしてやっており、こちらは「お客」です。なので、ジャンプ(利息だけを払って返済期日を先に延ばすこと)のお金を払っていれば、向こうはなにもしてきません。闇金によってはこちらを気遣うような態度をとることもあります。

 

しかし、返済が滞ると態度は闇金の態度は一変。
執拗な催促をしてきます。
まずは電話攻撃。
しつこく電話をかけてきます。電話に出ないでいると、数分おきにかけてきます。

 

それでも電話に出ないと、闇金によっては嫌がらせを仕掛けてきます。
注文していない出前・デリバリーが届くのはよくある嫌がらせ。
お悔やみの電報が届くことも。
嫌がらせは自宅だけでなく、勤め先に仕掛けられることもあります。

 

嫌がらせのほとんどは、闇金がやったと確信できても、特定(断定)できません。証拠になるような嫌がらせはしてこないといってよいでしょう。
なので、なかなか対処法が難しいといえます。

 

嫌がらせへの対処法

考えられる対処法は以下の2つ。

  • 警察に相談する
  • 司法書士または弁護士に相談する(無料相談を利用

 

闇金からの嫌がらせについて警察に相談

対処法の1つ目は、「警察に相談する」です。
所轄警察署へ行き、「このような嫌がらせをうけている」と相談します。
たぶん、「生活保全課(生活保安課)」が対応するはずです。

 

ただ、ここで問題が発生します。
先にも述べたとおり、嫌がらせのほとんどは闇金だと特定できません。
なので、警察は闇金が疑わしいと思っても、動きにくいでしょう。なにもしてくれないことも多いようです。
なかには、闇金からの嫌がらせだと特定できなくても高利の件で闇金に電話をかけ、注意してくれる場合があります。これで闇金の債務がなくなることもあるようです。

 

闇金からの嫌がらせについて司法書士または弁護士に相談

対処法の2つ目は、「司法書士または弁護士に相談する」です。
当サイトでも紹介していますが、司法書士や弁護士のなかには闇金問題の相談を受け付けている方がいます。
一般的に、弁護士になんらかの案件を相談すると「30分5000円」の相談料がかかります。
しかし、無料で相談できるところがあります。
こちらで、闇金からの嫌がらせについて相談し、具体的な対処法をアドバイスしてもらいましょう。
そして、必要であれば、解決を依頼します。
解決を依頼すれば料金はかかりますが、闇金に「債務を放棄するように」交渉してもらえます。
闇金が応じれば、債務はなくなります。闇金の借金がなくなるわけです。

 

司法書士の闇金相談所(※無料)

エストリーガルオフィス 0120-735-072
ジャパンネット法務事務所 0120-758-685

 

 

闇金からの嫌がらせによる不安と恐怖

闇金は人の心理というものを知り尽くしていますから、返さないとなると相手が返さざるを得ないような心理状況まで追い込んでいきます。
そのためにはどのような嫌がらせでも駆使するのですが、電話などで頻繁に催促してくるのもその1つで、1時間の間に何回もかけ続けてくるのです。
いきなりそんな短時間でお金を用意できるはずもないのですが、こういったプレッシャーを与えると人間の心理がどうなるかというのを知っており、不安、恐怖を与えることでそのストレスから解放されたい、お金を返さなくてはならないという状況に追い込むことが目的なのです。
また本人だけではなく会社への電話も頻繁に行いますし、家族にも同様の電話を繰り返します。
加えて状況によっては昔の高利貸しのように家に怒鳴り込んでくるような事例も存在し、これは違法行為なのですが闇金はそもそも存在そのものが違法で暴力団関係者であることも多く、たとえ違法行為であってもお金を回収できるのであれば何でもやってくるのです。
そのほかには全く身に覚えのない業者から食べきれない大量の出前が運ばれたりするような嫌がらせも発生しており、最悪の場合粗暴な相手が逆上して取返しのつかない事態に発展する可能性もあるのです。

 

闇金からの嫌がらせ:職場に返済の催促電話

高額な利息を付けてお金を貸し付けてくる闇金業者は取立てに関しては非常に厳しい存在であり、少しでも返済期間が後れた場合は嫌がらせをされるという場合があります。例えば時間に関係なく自宅に押しかけたり電話を掛けて借金の取立てをしたり、近所の人たちに聞こえるように大きな声で催促するなどは最も多く見られる嫌がらせです。場合によっては自宅以外にも実家や義理の実家など離れて生活している家族にも最速の電話が来る場合もあり、知らないところで催促されているという事もあります。
また闇金の嫌がらせは自分たちだけではなく周囲の人たちを巻き込んでしまうことも多く、職場に返済の催促の電話を掛けてきたり最悪の場合は直接押しかけて催促を促してくるという場合があります。これらのケースは周囲に自分が借金をしてしまっているという事実が知られてしまうほかにも、周囲からの評価が一気に落ちてしまうという可能性もあります。また会社に迷惑をかけてしまった場合は最悪解雇処分などになってしまう事もあるので、生活に大きな悪影響を与えてしまうという事もあるようです。
このような闇金の嫌がらせに対しては弁護士に相談して対策を取る事もできるので、悪化する前に対処することが重要になります。

 

 

闇金の取り立て※対処法について

闇金といえばきつい取り立てが当たり前でした。

 

返済が遅れれば電話でガンガン催促する。
それでも返さなければ取り立てにいく。

 

取り立ては昼夜問わず。
自宅でも、勤め先でも。
勤め先の会社へ闇金が取り立てに来て、上司が返済した、という話を聞いたことがあります。当然、社内で噂になったことでしょう。

 

取り立てがきついからこそ、消費者金融やカード会社への返済よりも闇金への返済を優先する。
この図式であるから闇金は稼げたわけです。

 

しかし、現在、闇金はほとんど取り立てにくることがありません。
電話での催促がほとんどです。
その理由としては以下の2つが考えられます。

 

 

もし、「取り立てにいく」と脅されたら、こちらの対処法を参考にしてください。

 

 

一般的な消費者金融などの貸金業者は貸金業法の中で強圧的な取り立てが禁止されています。一方、闇金はこれらの貸金業者として認可を受けていないものも多く、貸金業法を全く遵守しない行為を次々と繰り出してくるのが特徴的です。取り立てはその際たるものといえるでしょう。

 

闇金の取り立ては、まず返済日までに返済がない場合に電話での催促から始まります。最初から強圧的な口調で返済を迫ってくる場合もあれば、最初は優しく柔軟性があるように見せて油断させ、途中から急変してどんどん強圧的になっていくこともあります。これでも返済が行われないと自宅まで訪れて返済を迫ったり、わざと大声で罵ったり、嫌がらせを行うなどして近隣住民にも迷惑をかけるようになります。

 

また、自宅のみならず勤務先などにも電話や訪問を行い、会社の同僚に知られることで本人のプライドをズタズタに引き裂いて精神的に追い詰めていきます。さらには暴力を振るったり、子供や奥さんをつけまわすなどして身の危険すら感じるようになり、極限まで行ったところで生命保険に署名させたり、犯罪行為を強要したり、またはグループ企業から新たな借り入れをさせてさらなる借金地獄に追い詰めていくことになるのです。

 

闇金の取立てに対しては早期に対処する

闇金は違法な金利で貸付をしてくる違法業者たちの事であり、そこからお金を借りてしまうと取り立てや嫌がらせなど自分たちだけではなく周囲に対して迷惑がかかる行為が行われてしまいます。特に取り立てに関しては法律に則った業者ではないのでこちらの常識や都合が通じないことが多く、連日自宅に押しかけてきたり最悪の場合は職場に押しかけてきて取立てをしてくるという事もあります。
しかも闇金の貸付は金利が高額であるほかにも1日で増額されてしまうという事も少なくなく、取り立てに来るたびに借金が増えているという事も珍しくありません。また取り立ての際には脅迫めいた言葉で脅しを掛けてくることが多く、場合によっては暴力で借金をしている人たちを威圧するという事もあります。
このような闇金の取立てに対しては早期に対処することが出来るようになっており、対策を実行するためには弁護士などの法律の専門家の力を借りる事が一番スムーズであるとされています。というのも闇金は法律関連で対応される事を嫌う傾向があるため、裁判などに発展すると自分たちが警察に逮捕される可能性があることからすぐに取り立てや嫌がらせを辞めるという事も多いです。そのためもしも闇金からお金を借りてしまった場合は、司法書士や弁護士に相談してすぐに対策を講じる事が大切です。

 

 

闇金の取り立ては家族や会社にも来るのか?

貸金業者の取り立ては家族・会社に行ってはいけないことになっていますが、闇金に関しては関係ないところでしょう。
そもそも利息制限法すら守っていない違法業者なので、取り立てだけ法律に則って行うはずがありません。
延滞をすると家族や会社に連絡を入れてくることはよくあり、契約時にも個人情報として家族や会社の住所・連絡先などを聞かれます。
最近の闇金は用意周到になってきており、以前よりも個人情報を多く求めてきます。
またリスク管理も徹底するようになり、以前ほどの高額融資は行っていません。
昔は100万円以上の貸付を当たり前に行っていましたが、今は5万円や10万円などの金額が多いです。
たくさん融資をして逃げられたら困ると考えるため、少額の融資に抑えているのでしょう。

 

闇金からお金を借りると、ほとんどの方が完済できなくなります。
1回や2回は返済が可能でしょうが、あまりに利息が高いので返済しても元金を相殺できません。
利息だけ支払ってジャンプしていると、いつまでも完済はできないでしょう。
そして延滞をするようになると取り立ては厳しくなりますし、居留守を使えば家族や会社に連絡が行くことになります。
闇金の返済を延滞した場合は、弁護士に相談するのが得策でしょう。

 

 

闇金のキャンセル料請求とは?

闇金によるキャンセル料請求の手口はいくつかあるのですが、その1つを紹介しておきます。

 

闇金の広告を見て、融資の申し込む

審査に必要といわれ、こちらの個人情報を提供

審査に落ちたので、「ご希望の金額では融資ができない」といわれる

「○万円なら融資できます」といわれるが、かなり高い利子

利子が高いので融資を断る

「すでにお金を用意しているので、キャンセル料を払ってくれ」と請求される

 

このような流れです。
キャンセル料の金額は、闇金によってちがいます。また、融資を申し込んだ人によってもちがってきます。多く取れそうなら、多く取るということです。
ほとんどの場合は、5000円〜1万円です。

 

闇金に融資を申し込むわけですから、この金額は簡単に出せません。
キャンセル料の支払いを断ると、脅してくることもあります。

 

本来、払う必要がないので、こちらとしては強気でいればいいのですが、融資を申し込む際にこちらの個人情報を提供しているので、弱気になってしまいます。
住所や電話番号は勿論、勤め先や家族の連絡先なども知られていると、なにをされるかわからないので、不安です。
そのため、払わなくていいキャンセル料を払ってしまう人も多いようです。

 

 

闇金手口:完済できない(完済ブロックの被害)

闇金の借金を完済できない、という方もいることでしょう。

 

理由は2つ。

  1. 返すお金がない
  2. 返すお金はあるが、闇金が受け取らない

 

1のほうは、そもそも返すお金がないということ。
私もそうでしたが、闇金に借りる時点で、すでに金銭的にはかなり追い込まれた状態です。そこで、闇金か高い利息でお金を借りる。返済できるお金など、なkなかできません。
この場合、闇金案件に特化した司法書士に依頼して、闇金の借金をなくしてもらいましょう。
相手の闇金業者や司法書士の動き方にもよりますが、当日〜3日で借金がなくなることが多いですよ。

 

2のほうは、闇金に返すお金はあるけど、闇金が受け取らないため、完済できないわけです。
闇金は様々な理由をつけてお金を受け取らないようにします。
その理由でもっとも多いのが、これです。

 

前日○時までに完済の連絡がなかった。

 

闇金の場合、返済日の前日、決まった時間までに電話をかけることになっています。
しかし、闇金は完済させないために、わざと電話に出なかったりします。
そして、返済日の当日に電話をかけて完済することを伝えると、「前日○時までに連絡がなかったので、今日は完済できないから」といわれます。
「昨日、○時までに何度も電話をかけたが繋がらなかった」といっても、聞き入れてもらえません。
「電話を待っていたけど、かかってこなかった」といった嘘をつき通します。
それで、仕方なく、その日は利息だけを払ってジャンプします。
そして、翌週も同じようなことをされて、完済させない。

 

また、闇金が指定した口座に、いきなり完済分のお金を振り込むと、「勝手に完済されると困る」といって、返金してきます。

 

なぜ、闇金は完済のお金を受け取らないのか?
それは、そのほうがおいしいから。儲かるからです。
闇金にとっておいしい客は、返済日に高い利息だけを払い、ずっと借り続けてくれる客。
だから、完済させないようにするわけです。

 

 

闇金からの借金は返済する必要がない。債権を放棄させよう!

闇金による法定金利を超える融資は違法なので、闇金から借りたお金は返済する必要がありません。

 

では、借りた本人が闇金と交渉し、借金を返済しない(または闇金側に債権を放棄してもらう)ことで話をまとめることが出来るのでしょうか?
おそらく、無理でしょう。
そんなことに応じるようなら、端から闇金融など営んでいないはずです。客が「闇金は違法。だから、もう返済しない」と言ってきたら、「はい、そうですか」と引き下がっていたのでは闇金などできません。なので、闇金側も本気で回収してくるでしょう。

 

客(借りた本人):「法定金利を超える融資は違法なので、もう返済しない」
闇金:「ふざけんな、おまえ! 借りた金は返すのが当たり前だろ」
客:「でも、違法ですから、返しません」
闇金:「ああ、そうか。じゃあ、こっちも徹底的に追い込みかける(回収する)からな。おまえの勤め先や身内、関係先ぜんぶに取り立てに行ってやる」

 

といったように、闇金が怒り出し、追い込みをかけてきます。
実際に闇金が取り立てに来る確率は低いと思います。取り立てには時間や費用(移動費)がかかりますし、警察に捕まるリスクもあるので、来ないはず。とくに、最近はネットで客を集め、遠方の客にも金を貸すので、なおさら取り立てが難しくなっています。

 

なんだ、取り立てに来る可能性は低いのか。

 

などと安心してはダメ。闇金は取り立ての代わりに、電話による催促や様々な嫌がらせをしてきます。
これについては、「闇金に返済しなかったらどうなる?」の記事を参考にしてください。

 

 

闇金問題に詳しい司法書士か弁護士に交渉してもらう

法定金利を超える融資は違法なので、返済する義務はない。
しかし、借りた本人が闇金と交渉すれば、かえって追い込まれて生活に支障を来たしてしまいます。

 

では、どうすれば闇金とうまく交渉できるのでしょうか?

 

  1. 第三者に交渉を任せる
  2. 闇金問題に詳しい司法書士か弁護士が交渉する

 

まず、闇金との交渉は第三者に任せることが大事です。
闇金も借りた本人が相手であればかなり強気に出てきますが、第三者が相手となればそれほど強気には出てこれなくなります。
勿論、第三者といっても法律家でなければ、強気に出てくる効能性がありますし、債権放棄には応じないでしょう。

 

なので、できれば、法律家である司法書士か弁護士に交渉してもらいましょう。
といっても、司法書士や弁護士なら誰でもかまわないというわけではありません。闇金問題に詳しいということが条件です。
どう交渉すれば闇金が債権を放棄してくれるか、ということをわかっている司法書士や弁護士でないと難しいでしょう。闇金との交渉スキルが必要なわけです。

 

闇金との交渉スキルがある司法書士や弁護士に交渉を依頼すれば、費用がかかります。
しかし、闇金の借金がなくなる(チャラになる)可能性はかなり高いです。
勿論、闇金に利息(ジャンプのお金)を支払う必要もありません。
取り立て、催促、嫌がらせもなくなるでしょう。
なので、費用はかかりますが、闇金の借金(元本)や今後支払う利息を考えると、司法書士や弁護士に交渉を依頼して闇金問題を解決したほうがいいと思います。

 

 

なぜ、知らない闇金から電話がかかってくるのか?

突然、闇金から電話がかかってくることがあります。
勿論、まったく知らない闇金です。
電話の内容は、「お金を借りませんか?」です。
相手は「闇金です」とは言わないので、はじめは闇金かどうかわかりません。
融資の条件を聞くことで、金利の高さから闇金とわかるでしょう。

 

では、なぜ知らない闇金から電話がかかってきたのか?
なぜ、闇金はこちらの連絡先(電話番号)を知っていたのか?

 

これは、個人情報がどこからか闇金へ流れてしまったからです。
どこから流れたかを特定するのは、けっこう難しいです。

 

また、過去に闇金からお金を借りたことがある人は、その闇金から顧客リストが別な闇金に流れた可能性もあります。
一人の経営者が複数の闇金を経営していることがよくあります。
複数の場所で複数の闇金を営業させていることもあれば、同じ場所で複数の闇金を営業させていることもあります。
そのグループ内で顧客リストを回すことが多いのです。

 

たとえば、

 

A社で借りた客のリストをB社に流す

B社がそのリストに載っている客に電話をかけ営業をする

B社がそのリストをC社に流す

C社がそのリストに載っている客に電話をかけ営業をする

 

というように、A社で借りた客のリストが他の闇金でどんどん使われていくのです。
このようなリストに載っていれば、次々と知らない闇金から営業の電話がかかってきます。

 

なぜ、顧客リストを回して営業をするのでしょうか?

 

そのほうが、新規の客を探すより簡単だからです。
新規の客を探すのはけっこう大変だと思います。
ネットで闇金業者の書き込みが多い掲示板に書き込めば、融資の申し込みはそこそこあるでよう。
しかし、危ない客もけっこういるはず。
すぐに飛びそうな人、借りパクを狙っている人など。
実際に融資できるのは、ごく一部でしょう。

 

また、顧客リストに載っている客は、ある程度、個人の情報をつかんでいるので回収しやすい。
勤め先や家族の連絡先などです。

 

知らない闇金からの電話がかかってこなくなるような対策はあるのか?

では、どうすれば闇金から電話がかかってこなくなるのか?
知らない闇金からの電話に対策はあるのでしょうか?

 

はっきり言って、これはかなり難しいです。闇金からの電話がかかってこないようにするのはかなり難しい。
その都度、着信拒否にするくらいしか対策がありません。
次の闇金にリストが流れれば、また電話がかかってきてしまいますが。

 

 

ソフト闇金はどのような金融業者なの?

ここ数年、ソフト闇金といわれる金融業者が増えています。
ソフト闇金とは、対応がソフトな(まともな)闇金のこと。
一般の消費者金融と変わらないような対応です。荒っぽい言動はありません。
金利も闇金にしてはやや低めに設定されていることが多いようです。
返済期日も、ふつうの闇金は10日ごとが多いのですが、ソフト闇金は1カ月ごとの場合もあります。

 

対応がソフトなので、つい、闇金であることを忘れてしまいがちです。
しかし、ソフトといっても闇金です。
返済が滞れば、しつこい催促や厳しい取り立てをしてきます。そのあたりは、間違えないほうがいいでしょう。

 

ソフト闇金のほとんどは、小口の貸付しかしていません。
対応がソフト、金利が低め、返済日が1カ月ごと、ということから、回収できないことも多いので、小口の貸付しかしないわけです。

 

ソフト闇金の利息

「ソフト」とつきますが、闇金は闇金。高い利息がつきます。
最近の傾向としては、以下のような利息になっています。
1週間2割
10日間3割
手数料3000円
たとえば、1週間2割の融資条件で3万円の融資を申し込むとします。
闇金ですから3万円が振り込まれることはありません。利息と手数料が先引き。
利息が6000円
手数料3000円
3万円-6000円-3000円=2万1000円
実際に振り込まれるのは、2万1000円。勿論、元金は3万円なので、完済するときは、3万円を払わなければなりません。

 

ソフト闇金から借りてしまったら?

すでに、ソフト闇金からお金を借りてしまったという人もいることでしょう。
すぐに全額返済できるようであれば、完済してしまいましょう。
それで、もう二度と借りないことです。
すぐに完済できないという人は、当サイトで紹介している「闇金に強い司法書士」に相談してください。
ソフト闇金から借りている金額にもよりますが、解決を依頼してもいいでしょう。
司法書士に報酬を払うことになりますが、闇金の元金と利子を合わせた金額に比べれば、少ないと思います。
分割払いにもできるので、検討してください。

 

 

ソフト闇金の借金整理も司法書士に相談

ソフト闇金で借りてしまうと利息が高いので、なかなか完済できません。
3万円を借りて、ずっとジャンプしている。
というように利息だけを払い続けている人も多いのではないでしょう。
ソフト闇金の返済で困っている方は、司法書士に相談してください。
ソフト闇金の場合、司法書士が交渉すれば借金をなくしてくれるところが多いようです。とくに、ホームページ系のソフト闇金(ホームページを公開して営業している業者)は、和解に応じてくれるようです。
勿論、利息を元金分以上に払っていればの話ですが。
利息を元金分以上に払っていない場合でも、司法書士が交渉すれば話がまとまりやすくなります。

 

司法書士による解決後

ソフト闇金の借金整理を司法書士に依頼すると、早ければ即日(受任当日)に解決します。多くの場合、3日以内に解決するようです。
ヤミキン地獄から開放されるわけです。
でも、解決後、嫌がらせをしてくるのでは?
と心配されている方もいることでしょう。
司法書士による解決後、ソフト闇金のほとんどは嫌がらせをしてきません。
中には、タチの悪い業者がいて嫌がらせをしてきますが、それはごく一部。
そういった業者は司法書士が把握しているので、先に対処することができるでしょう。

 

このまま利息を払い続けていれば、いつか飛んでしまいます。
毎日、毎日、ソフト闇金への返済のことを考えていても辛いと思うので、一度、話だけでもしてみるといいですよ。
人生、いい方向に向かうはずです。

 

 

090金融からお金を借りてしまったらどううする?

090金融とは、携帯電話を連絡先にして営業している金融屋のこと。
連絡先の電話番号が「090」で始まることから、090金融と呼ばれているようです。
090金融のほとんどが闇金です。
まともな金融屋は固定電話で営業しています。

 

かつては、駅周辺やパチンコ店周辺などの電柱に090金融の貼り紙がありました(最近でもあるようですが、数は減っているようです)。

 

即日融資!
独自審査!

 

○○ファイナンス
090-xxx-xxx

 

といったような貼り紙です。
なかには、「独自審査なので、ブラックの方もお電話ください」などと書かれていることも。
まともな金融屋はブラックリストへ載っている人には融資しません。まともな金融屋ではない=闇金の可能性が高い。

 

090金融とは?

090金融とは、一般的に闇金と言われる違法の金融業者が多く、金融業の正規の許可を得ないで行っている所もあります。こういった所では、法定内の金利よりも高い金利でお金を貸しているのです。また正規に許可を得ていても店舗を用いないで営業をしている業者もあります。
こうした金融業者を利用する人は、普通の金融業者でお金を借りる事が出来ない人が多く、どうしてもお金が必要な時に利用してしまうのです。
法定外の高金利なので、一度借りてしまうと、元金を返す為に返済をしても、減って行く事が無く、利息だけを払うという悪循環になってしまうのです。その為に手を出したら、ずっと返済をし続ける事になり、とても怖い金融業者なのです。誰でも気軽にお金を借りる事が出来ますが、毎日増えていってしまう金利で、取り返しがつかなくなるのです
。取り立てもまともな金融業者と違い、強制的に支払わせる形になり、金利だけ返す為にまた借りる事になってしまうのです。一般的な消費者金融業者で借りる事が出来なくなってしまった人が多く利用するのですが、間違って一般の人が借りてしまうと、取り返しのつかない事になってしまうので、注意が必要となるのです。
090金融は手軽にお金を借りる事が出来ますが、法定外の高金利なので、全額完済は不可能に近いのです。

 

 

090金融から借金をしてしまったら、すぐに完済する

すでに、090金融からお金をかりてしまった、という方もいることでしょう。
もし、完済できるのであれば、すぐに完済してしまいましょう。
できれば今すぐ完済してしまいましょう。
すぐにできないのであれば、次に返済日に完済。

 

完済する際は、事前に090金融へ連絡したほうがいいです。
なぜなら、闇金のほとんどは完済を嫌うからです。
闇金にとっておいしい客とは、遅延することなくジャンプ(利息だけ払って返済日を延ばすこと)のお金を払い続けてくれる客。文句を言わずに利息だけをずっと払ってくれる客なのです。
だから、闇金のほとんどは完済を嫌います。
事前に連絡しないで完済すると、キレる闇金がいるので注意してください。
なかには、「事前連絡なしの完済は認めない」「事務手数料を払え」などとめちゃくちゃなことを言ってくる場合もあります。
ですから、完済する際は事前に連絡しておいたほうが無難です。

 

完済したら、もう関わらないことです。

 

090金融に完済できない場合はすぐに相談

090金融に完済したいけどお金がないという方も多いことでしょう。

 

今後も高い利息を払い続けますか?

 

そんなことをすれば、遅かれ早かれ破綻してしまいます。

 

お金がなくて完済できないという方は、以下のところで相談してみてください。
闇金問題に詳しい司法書士の無料相談です。
090金融も闇金ですから、無料で相談できます。

 

090金融は闇金なのか?

090金融について知らない人もいると思うので、簡単に説明しておきましょう。
090金融とは、携帯電話を連絡先にしている金融屋のことです。
まともな貸金業者は固定電話で営業しています。携帯電話を連絡先にしているところはないでしょう。
ということは、090金融のほとんどは闇金と捉えてよいでしょう。
携帯電話の番号が書かれた広告を出している業者からは借りないこと。

 

 

闇金「押し貸し」手口の被害

闇金の手口に、「押し貸し」というのがあります。
これは、融資を申し込んでいないのに、こちらの口座にお金を振り込んでくる手口です。
主に2つのパターンがあります。

  1. いきなり振り込んでくる
  2. キャンセルしたのに振り込んでくる

1つは、いきなり振り込んでくるパターン。
融資申し込みの電話すらしていないのに、ある日突然、こちらの口座にお金を振り込んできます。
なんのお金かわからないので、「引き出して使っていいのか、悪いのか」迷いますよね。
口座に入っているわけだから、自分のお金のような気がする。でも、心あたりがない。
戸惑っていると、闇金から電話がかかってきます。
「融資が完了しました」と。
慌てて断ると、「返すなら利子を付けて返してくれ」といわれます。
もう1つは、融資の申し込みをした後、(融資を)キャンセルしたのに振り込んでくるパターン。
電話で融資の申し込みをしたとき、「利子が高い」「なんとなくヤバそう」などの理由で断ったのに、口座に振り込んできます。
返金しようと電話をかけると、振り込んだ金額に利子やキャンセル料を合わせた金額を振り込むように言われます。

 

押し貸しの被害に遭った場合、闇金の口座がわかっていれば、こちらに振り込まれた金額だけを振り込みます。
振込手数料は差し引いてもよいのですが、差し引くと、また闇金が難癖をつけてくるが目に見えているので、やめたほうが無難です。馬鹿らしいと思うかもしれませんが、振込手数料分はこちらが負担しましょう。
闇金の口座がわからない場合は、何とか聞きだしましょう。
それか、警察に相談しましょう。
その後、私なら、闇金には「振込先を教えないので、警察に相談した」と伝えるでしょう。

 

押し貸しの被害に遭ったら、利子やキャンセル料は払う必要がありません。
こちらの口座に振り込まれた金額だけを返金しましょう。
その後、闇金がクレームの電話をかけてくるかもしれませんが、無視するか、「お金はきちんと返した」の一手張りで対応します。

 

 

ヤミ金の延滞金

ヤミ金からお金を借り、返済日に連絡なしで返済をしないと延滞金を請求されます。バックレると請求されるということです。
ヤミ金の場合、返済日の前日、または当日に電話をかけるシステムになっています。その電話で振込口座の確認などをします。
返済するお金が用意できないと、どうしても電話をかけにくいですよね。
そして、返済日が過ぎた後、ヤミ金からの電話に仕方なく出ると、当然のごとく怒鳴られる。
さらに、延滞金を請求されます。

 

延滞金の額はヤミ金によってことなります。
延滞金1日:○○○○円
と決まっているところもあれば、
延滞金1日:元金の○%
というように元金によって決まっているところもあります。
私が借りていたヤミ金は、延滞金1日5000円でした。
1日1万円以上のヤミ金もあるようです。そんな額を請求されたら、もう払えないですよね。

 

延滞金を請求されたら、どうすればよいのか?
高い利息を払わされているのに、さらに、延滞金まで請求される。
もう、どうにもならないですよね。
私なら、司法書士に依頼して飛ばします。

 

 

口座凍結に注意

闇金とのやり取りに使った口座は凍結される場合があります。
凍結されれば、勿論、現金の引き出しもできません。また、入金もできません。引き落とし先や給料の振込先にしている場合はかなり大変です。
口座が凍結され原因は、闇金の口座と勘違いされたためです。
闇金の中には、返済金を別な客の口座へ振り込ませるところがあります。
たとえば、Aという客の返済日とBという客への貸付日が同じで、返済額と貸付額が同じ場合、Aに返済金をBの口座へ振り込むように指示します。
つまり、Aは返済金を闇金の口座ではなく、Bの口座に振り込むわけです。
Bは、Aのことを知りません。

 

A:返済金⇒闇金の口座 ×
A:返済金⇒Bの口座(他の客の口座) ○

 

闇金の口座が凍結されたとき、Aの口座も闇金の口座と勘違いされて凍結されてしまうわけです。
銀行で事情を説明すれば、解除されるでしょう。ただし、すぐには無理だと思います。
こういった事態を回避するには、闇金とのやり取りに使った口座を解約してしまうこと。
引き落とし先や給料の振込先も変更する必要があるので面倒ですが、解約したほうがいいでしょう。
そうすれば、押し貸しなどの被害にもあわなくてすみます。

 

 

口座を渡すと起訴される恐れがある

闇金は、返済が滞った客、金銭的に追い込まれている客に口座の差出を迫ることがあります。

  • 利息の代わりに口座を提供させる
  • 1口座数千円で買い取る

だいたい、この2パターンです。
客は金銭的に苦しいので、口座を差し出したり、売ったりしてしまいます。
この口座がどのような目的に使われるか、わかると思います。
闇金は手に入れた口座を、客への貸付や回収に使います。
ということは、犯罪に加担したことになるわけです。
これは脅しでいっているわけではありません。

 

実際に口座を凍結されることもよくあります。
「闇金に渡した口座だから凍結されて使えなくなってもかまわない」と思うかもしれません。
しかし、その後、銀行と警察から呼び出しがあることも。
犯罪収益移転防止法違反、売買目的で口座を作り売った場合は詐欺罪で起訴される恐れもあります。
また、闇金が転売する可能性もあります。詐欺グループに転売されて、口座が使われてしまうと、かなりヤバい状況になります。逮捕ということも。
もう一度いいますが、これはけっして脅しでいっているわけではありません。

 

すでに口座を渡してしまった場合の対処法

口座を渡した闇金からの借金が残っている場合は、当サイトで紹介している司法書士の相談所で相談してください。
借金が残っていない場合は、当サイトで紹介している司法書士の相談所では対応できない可能性があるので、警察に相談してください。
所轄警察署の連絡先を調べ、電話で「闇金のことで相談したい」と伝えれば、生活保安課(生活保全課)につないでもらえます。
その後、直接、所轄警察署に行って、事情を説明するといいでしょう。
その際、「売った」といわないほうが……このあたりはあなたが考えて、自己責任で。

 

闇金にスマホを求められたら?

「利息を払えないなら、スマホ、契約して来い」
「○○さん、お金に困っているんでしょ? よかったら、携帯電話、買い取ってあげるよ。今から契約してきて」

 

こんなことを闇金の担当者から言われたことないですか?
スマホ(携帯電話)を契約させ、それを買い取ったり、利息の支払い代わりにする。よくあることです。
闇金で借りて返済が困難になったり、金銭的に追い込まれていたりすると、つい、「スマホ、契約してこようかな」と思ってしまいます。
絶対にやらないこと。
闇金に渡したら、何に使われるかわかりますよね。
闇金の営業に使われます。
ということは、犯罪に加担しているということ。やめておきましょう。

 

闇金のフリをした詐欺:新規契約のスマホで融資

また、スマホの新規契約で融資をするといった詐欺も多くなっています。
「新規契約のスマホで融資」
「融資をするからスマホを新規契約して、それを送ってください」
ネットのある掲示板によく書き込まれています。メールを送ると、融資条件やスマホのやり取りの説明があります。
融資条件は闇金よりも少しいいので、つい、検討してしまいます。
それで、スマホを送ると、音信不通に。騙し取られるわけです。
こういった詐欺も多いので、スマホで融資の話には注意しましょう。

 

スマホやタブレット端末を契約させて金を貸す闇金の手口

闇金は法外な利息を執拗なまでに取り立ててくるというイメージは誰にでもあるかと思いますが、昨今の手口はそれだけではありません。実際に被害者も出ている新手の手口とは、スマホやタブレット端末を契約させて郵送させるというものです。これのどこが闇金なのかという疑問も生じますが、お金に困っている多重債務者が狙われやすく他では借りられなくてもうちでは借りることができるという甘い言葉で誘います。しかし、従来のようにお金を貸してから取り立てるのではなく、お金を借りるためにはスマホやタブレット端末を購入して指定された住所へ郵送しなければなりません。そこでようやくお金が借りられると思ったら大間違いです。闇金業者の狙いは他人名義で購入されたスマホやタブレット端末を手に入れることですので、融資が行われることはありません。その時点で詐欺の被害に遭ったと気付いて警察や消費者センターに届け出るケースが多いようです。
ただし、購入したスマホやタブレット端末は既に手元にありませんので代金は負担することになります。肝心のスマホやタブレット端末はおれおれ詐欺など他の詐欺に使われることにもなり、新たな詐欺を助長することにもなりますので十分な注意が必要です。また、携帯会社に無断で端末を他人に譲渡する行為は犯罪になります。それを促してくる時点で詐欺だと気付けるよう普段から情報には敏感になっておくと良いのではないでしょうか。

 

闇金の体験談:即日融資でiPhoneを購入させられた

わたしが実際に体験した話ですが、わたしはあと少しでヤミ金からお金を借りてしまうところでした。はじめはごく普通にネット検索して見つけた機関に申し込みをして借入をお願いしたところからはじまったのですが、内容を聞いているとあきらかにおかしな内容でした。なぜかというと、即、当日振込で借入可能なので借入をする為にまずiPhoneを3台購入してほしいというものでした。この時点で普通の方ならおかしいと判断できると思います。当時わたしもおかしいと思いつつ相手のいいなりになり、iPhoneを購入しました。その後、購入した商品を指定する住所まで送ってほしいと依頼がありました。半信半疑でやりとりしていたわたしも確実に怪しいと判断し、送ったふりをして話をすすめると、商品をおくれば即時振込すると言っていた業者がとりあえず今のところ貸せる金額はと言って希望金額ではなく少額の振込だけをいってきました。最初に進めてきた話とくいちがいこの時点で融資をことわろうと思い、先方へ融資ことわりのむねを伝えました。すると先方は強制的にわたしの口座に少額を振込、もう振り込んだからと言って、ここまでしてきていきなり断るのはこまると態度が豹変したのです。まさにテレビなどでよく目にする二重人格と言ってもいいくらいのかわりようでした。その後も先方はしつこくわたしの言う事に耳をかそうとしませんでした。あまりのしつこさに近くの警察に行き事情を説明して警察の方に対応を求めました。先方にもいま警察に相談したのでと伝えたところ最初は疑っており先方も強気でおりましたが、電話を警察の方にかわってもらい本当に警察署まで来ているとわかると、別人のように優しくなりなんとかその場をおさめることができました。

 

 

闇金の借金は自己破産したらどうなる?

闇金から借金をしているが、自己破産の手続きに入るので、返済しなくていいだろう。

 

そう思っていませんか?
消費者金融やカード会社からの債務(借金)は、自己破産することにより返済義務がなくなります。免責が認められれば、実質、借金がなくなったといえます。

 

では、闇金からの借金はどうなるのでしょうか?
そもそも、闇金は違法な貸し付けをおこなっています。そのため、自己破産による免責、といった法律上の手続きも関係ありません。
自己破産後も借金が残っているという認識なのです。
それまでと変わらず、催促や取り立てしてくるでしょう。

 

また、闇金からの借金があると、ふつうの司法書士や弁護士は、自己破産などの債務整理を断ります。
「闇金からの借金があるので、受任できない」「先に闇金の借金をなくしてから依頼してほしい」といってくるでしょう。

 

では、どうすればよいのでしょうか?
まずは闇金からの借金をなくすことです。
返済できるようであれば、闇金だけ完済してしまう。
もし、完済できないようであれば、闇金問題に強い司法書士か弁護士に依頼して、闇金に債権を放棄してもらいましょう。

 

 

闇金からお金を借りてしまったら

完済できるのであれば、すぐに完済しましょう。
闇金は金利が高いので完済が遅くなるほど金銭的に苦しくなります。
身内や知人から借りられるのであれば借りて、完済しましょう。

 

そして、二度と闇金から借りないことです。
闇金は完済した後も定期的に電話をかけてきて融資の話をしてきます。
「また、借りませんか? ○○さんなら金利を少し低くしますよ」
などと甘い言葉で誘ってきます。
中には、「お願いします。お金を借りてください」などといってくる闇金も。
結局は高い金利でお金をむしりとろうとします。注意してください。

 

完済できるあてがない方は、完済をあきらめましょう。
勿論、返済をストップし、ジャンプ(金利だけを払って返済日を先に伸ばすこと)もしないと、取り立てがはじまります。
闇金融によっては嫌がらせをしてきます。

 

その前に、闇金解決相談所などに相談し、必要であれば解決を依頼しましょう。
当サイトでも闇金解決相談所を紹介しています。
受付時間内であれば、すぐに電話で相談できます。

 

闇金解決相談所 電話相談(無料)

エストリーガルオフィス 0120-735-072
ジャパンネット法務事務所 0120-758-685

 

相談は無料。
解決を依頼した場合は費用がかかります。
しかし、闇金の借金がなくなるので、元金やジャンプのお金を考えると、けっして高くはないでしょう。

 

 

闇金からお金を借りてしまったときのまとめ

完済するのであれば、身内や知人から借りてでもすぐに完済する
完済したら二度と闇金から借りない
完済できるあてがない場合は、闇金解決相談所などに相談する
必要であれば解決を依頼する
法務事務所に解決を依頼すれば闇金の借金がなくなる

 

 

闇金とは知らずに借りてしまったら

ほとんどの人は、闇金から借りるとき、「ここは闇金」とわかって借ります。闇金で利息が高いと承知しながら借りるわけです。
ところが、闇金とは知らずに闇金から借りてしまう人がいるようです。
借りた後、「闇金だったのか。どうしよう」と慌ててしまう。

 

もし、これを読んでいる方で、闇金とは知らずに借りてしまった人がいたら、すぐに返済しましょう。
親から借りてもいいし、クレジットカードのキャッシングでもいい。
とにかく、お金を作って、闇金に返してしまいましょう。

 

「わかった。返します。でも、返済日に返せばいいでしょ」

 

そんなこといっていないで、すぐに闇金の担当者に電話をかけ、「お金ができたので、今日、返します」といって返してしまいましょう。
闇金場合、完済ブロックなどの手口で、完済させないことがあります。
だから、早いほうがいいですよ。

 

 

闇金からしか借りられない場合はどうしたらいいの?

闇金からしか借りられないということは、なんらかの事情があるということでしょう。その事情とは以下の2つのどちらかだと思います。
すでに限度額いっぱいまで借りている
ブラックリストに載っている
どちらの事情があっても、闇金から借りるべきではありません。
1カ月以内にまとまったお金の入ってくる予定があり、「今をしのげばなんとかなる」というのならまだしも、そうでなければ借りないことです。

 

闇金からでも借りないと、生活できない。

 

というのであれば、闇金から借りず、すぐ債務整理を検討するべきです。
「闇金からでも借りないと、生活できない」という状況であれば、金銭的に、経済的にかなり追い込まれた状況です。
将棋でいえば、「詰んでいる」状況(将棋はよくわかりませんが)。
闇金から借りてしのぐのではなく、債務整理で借金を整理したほうがいいでしょう。私ならそうします。

 

闇金から借りても、10日後には返済日がきます。ジャンプをすればよいのですが、利子が高いので、ジャンプのお金を用意できないでしょう。
仮に用意できたとしても、また10日後に返済日がきます。
どんどん追い込まれていくことになります。
遅かれ早かれ、バンザイすることになるでしょう。
だったら、少しでも余力があるうちに債務整理に取り掛かるべきです。

 

私は2014年に任意整理をしましたが、闇金から借りたりしてもがかず、早めに債務整理をすればよかったと後悔しています。

 

 

借金を完済さえすればヤミ金と無関係になれるのか?

ヤミ金の借金を全部返して、ヤミ金と縁を切りたい。
そう思っている人もいることでしょう。誰でも思いますよね。
また、すでに完済したので、ヤミ金とは縁が切れたと安心している人もいることでしょう。
実際に完済すれば、縁が切れるのでしょうか?
ふつうの貸金業者であれば、完済した時点で取引が終わることになります。こちらから連絡しない限り、向こうから連絡はしてこないでしょう。縁が切れたといえるかもしれません。
しかし、ヤミ金の場合は、そうはいきません。
完済した後も営業の電話がかかてくることがあります。
実際に借りたヤミ金からかかってくる場合もあれば、そのヤミ金と同じグループのヤミ金からかかってくる場合もあります。また、顧客リストが流れて、まったく知らないヤミ金から営業の電話がかあkてくることもあります。
完済したということは、まだ余力があるということ。
ヤミ金は「まだ搾り取れるだろう」と思い、営業をかけてくるわけです。

 

「そんなの無視すればいい」
そう思うかもしれません。たしかに、基本的な対応としては無視でいいでしょう。
しかし、中には勝手に口座へお金を振り込んでくるヤミ金もいるです。これは、上で説明した「押し貸し」というヤミ金の手口です。
当然、利子を付けて返せ、といってくるでしょう。
口座に入金されていたからといって使ってしまうと、ヤバいことになります。

 

ヤミ金と縁を切るには

ヤミ金と縁を切るのであれば、連絡を取れないようにすることです。

  1. 携帯電話の番号を変える
  2. 自宅の固定電話の番号を変える
  3. ヤミ金との取引に使っていた口座があれば解約する
  4. 引っ越す
  5. 職場を変える

4と5は、生活への負担が大きいので難しいでしょう。
1だけでもやっておくべきです。携帯電話が使えなければ、営業をかけてくることはないので。
取り立てではないので、新しい携帯電話番号を調べるようなことはしないでしょう。

 

 

闇金から借り逃げ(踏み倒し)できるのか?

大胆な考えです。
答えから述べると、できないこともない、です。
はじめから借り逃げするつもり、踏み倒すつもりで借りる人もいるくらいです。
上でも書きましたが、最近の闇金はほとんどが取り立てにきません。催促の電話をしつこくかけてくるか、嫌がらせをするくらいです。自宅まで取り立てにくる闇金はごくわずかでしょう。

 

だからといって、借り逃げ・踏み倒しはおすすめしません。
とくに、自宅や職場、身内の連絡先を知られている人は、なにをされるかわからないので、やめておきましょう。

 

司法書士に依頼して、闇金に債権を放棄してもらったほうが賢いといえます。
ただし、はじめから返すつもりがないのに借り、司法書士に相談しても、受任してもらえないことがあります。現金ほしさに数件の闇金から短期間で借り、1円も返さずに司法書士に介入してもって借金をなくす。手元に現金を残し(または必要なことに使い)、司法書士への報酬は分割払いにする。そんなことは無理。いくら、闇金は違法といえども、司法書士は受任しないでしょう。
「借りパクに近い場合は受任できません」と、公式サイトに書いている司法書士事務所もあります。

 

 

闇金から逃げる方法

自宅の住所、自分の携帯電話番号、勤め先しか知られていないのであれば、逃げる方法はあります。
引っ越す、電話を解約、勤め先を変える。
小口融資のホームページ系ソフト闇金からなら、これで逃げられるでしょう。
この手口で借りパクする人もいるくらいです。
小口融資の闇金は、たかが2、3万円のために移転先を探すようなことはしません。せいぜい、元の部屋の大家さんや元の勤め先に引っ越し先を聞くくらいでしょう。
身内の連絡先を知られている場合は、逃げてしまうと身内が嫌がらせをされる可能性があるので、やめたほうがいいと思います。

 

闇金から逃げる方法を書きましたが、私自身、逃げることはオススメしません。
逃げないで、
人生をやり直すつもりで住む所を変え、勤め先を変えるのは、いいかもしれません。
しかし、現実問題として、引っ越しの費用がかかります。闇金への返済に困っているわけですから、引っ越しの費用などないはずです。
闇金と知って借りてしまったあなたも悪いのですが、違法な貸付をしている闇金も悪い。
だから、逃げないで、司法書士に相談して和解してもらったほうがいいでしょう。
勿論、司法書士へ報酬を支払わなければなりませんが、後払い・分割払いが可能なので、闇金と和解した後にゆっくりと払っていけばよいのです。

 

 

夜逃げをすれば闇金問題は解決できるのか?

借金返済が困難⇒夜逃げ
なぜか、このように考えてしまう人がいます。
じつは、私もそうでした。20代のころ、借金の返済が困難になり、夜逃げをしました。

 

闇金問題は夜逃げをすることで解決できるのでしょうか?
どちらともいえません。
借金には時効があります。たしか、5年で時効(違っていたら、すみません)。
その間、逃げていれば、時効によって借金の返済義務がなくなります。

 

では、闇金の借金も時効になるのでしょうか?
なると思います。
しかし、闇金にすれば、もともと違法を承知でやっているので、法律上の時効など関係ないと思うでしょう。
時効後も、借りた本人を見つければ、取り立てるはずです。
夜逃げが無駄になってしまう可能性があるわけです。

 

それに、夜逃げは大変ですよ。
誰か知り合いで居候させてくれる人がいればいいのですが、いない場合は自分でなんとかしなければなりません。
手持ちの現金が多ければ、部屋を借りることもできます。少ない場合はサウナ、漫画喫茶、ネットカフェなどを転々とし、現金がなくなれば野宿となります。まさに、ホームレスです。
私の場合、夜逃げをした後、友人宅を転々とし、サウナを転々とし、現金がなくなってからはマンションの非常階段(外から見えないところ)で寝ていました。
結局、辛くて、自宅(借りていたアパート)に戻りました。

 

闇金の返済が困難になって夜逃げを考えている人へ。
夜逃げ経験者の私がアドバイスします。
やめたほうがいいです。
本当に夜逃げは辛いです。
闇金の借金は司法書士に任せ、まともな貸金業者の借金は債務整理で解決したほうが、夜逃げよりも楽です。

 

夜逃げ中の人へ

現在、夜逃げ中の人は、自宅に戻られたらどうでしょうか。
部屋を引き払っていないのなら、戻る。
家賃を滞納している方は、不動産屋か大家さんに連絡を取り、「滞納している家賃は分割払いにしてください」と交渉しましょう。
闇金の借金は、司法書士に依頼して整理してもらう。

 

生活費がない方は市役所に相談しましょう。
たしか、一時的に生活費を借りられる制度があったと思います。
それか、日払いのアルバイトをするとう手もあります。

 

夜逃げをしていると、生活を立て直すのが難しくなってしまいます。
帰るところがあれば帰り、そこから生活を立て直すことを考えましょう。

 

私は夜逃げをやめて、実家に帰りました。物置代わりに使っていた狭い部屋に住み、生活を立て直しました。

 

 

闇金からの借金は不法原因給付にあたるので返済義務がないのか?

闇金の貸付は違法なので、借りても返済する義務がないといわれています。
なんでしたっけ、難しい言葉で言うと。うーん……あれです。そうそう、「不法原因給付」です。

 

だからといって、1円も返さないというのはどうでしょうか?
法的には1円も返す必要がないのですが、やはり、道義的にどうでしょうか。
私の考えですが、利子として元本(元金)以上のお金を払っていれば、司法書士に依頼して債務をなくしてもらってもいいと思います。

 

闇金側も、司法書士が介入すれば何でも引き下がるというわけではないようです。
借りた本人が元本分も払っていない場合は、なかなか引き下がらないこともあるそうです。とくに、1円も返していない状態で司法書士が介入しても、引かないことがよくあるようです。
いくら闇金でも、「元本分は払ってもらわないと」と思うのでしょう。

 

もし、闇金から借りて1円も返していない人、元本未満のお金しか払っていない人は、司法書士とよく相談して対応を考えたほうがいいと思います。

 

 

生活保護を受給していても闇金から借りられるのか?

生活保護を受給している人の場合、ギリギリの生活をしていることでしょう。何かあれば、生活費が足りなくなってしまいます。
そのため、「闇金からでも借りたい」と思う人もいることでしょう。
生活保護を受給していても闇金から借りることはできます。
しかし、やめておくべきです。
なぜなら、生活保護費を借金返済に充てることができないからです。
もし、返済に充てていたことがバレてしまえば、受給をストップされてしまう可能性があります。
また、バレなかたっとしても、ギリギリの生活費の中から闇金に返済するお金を作れないでしょう。利子すら払えないかもしれません。
ですから、借りないほうがいいと思います。

 

すでに借りている場合はどうすればよいのでしょうか?
これも難しい問題ですね。
生活保護を受給していなければ、司法書士に相談して闇金の借金を整理しましょう、といえるのですが。
生活保護費の中から司法書士への報酬を支払えるのか、どうか。分割払いにして払えるようなら、相談してください。

 

 

闇金に払ったお金が戻ってくることもある

ヤミ金に払ったお金が戻ってくる。

 

そんなはずがない、と思うかもしれませんが、じつは、戻ってくることがあるのです。

 

ヤミ金のことなど忘れたころに電話がかかってきて、「ヤミ金業者が捕まり、その口座に入っていたお金を被害者に分配しているので、振り込んだ金額を確定してほしい」といわれます。
「なんだか詐欺っぽいな」と思うのですが。
どこから電話がかかってくるのか。
弁護士、銀行、警察、とバラバラ。ケース・バイ・ケース。最終的には弁護士がまとめるようです。
手続きの際、被害額(ヤミ金に払った金額)を申し出るのですが、被害者が少ないとヤミ金に払った金額がすべて戻ってくることもあるそうです。

 

闇金に払ったお金が全額戻ってきた。
250万円も戻ってきた。

 

という人もいるようです。
250万円って……。

 

いつか、あなたのところにも電話がかかってくるかもしれません。
手続きでは、「被害額がいくら」と証明できるものがあるとスムーズに進むでしょう。
ヤミ金に返済したときの振込明細書を整理し、保管しておきましょう。

 

 

闇金融が使用する口座の名義は?

闇金融が使用する口座は誰かの口座です。
ほとんどは個人名です。
勿論、これはヤミ金融の経営者の口座ではありません。ヤミ金は犯罪ですから、自分名義の口座で経営する者はいないでしょう。

 

ヤミ金が使っている口座は主に2種類。

  • 業者から購入した口座
  • 誰かに作らせた口座

「口座を業者から購入できるのか?」と思った人もいることでしょう。購入できます。売っているんです。口座屋という商売があるくらいです。業者が売っている口座は、架空名義や誰かに作らせた口座です。
誰かに作らせた口座とは、どのような口座なのでしょうか?
これは、ホームレスに作らせたり、金に困った人に作らせた口座です。
ホームレスの中には身分証明書を持っている人がいます。そういった人たちに金を払い、口座を作ってもらいます。
金に困った人に作らせることもあるようです。利子の代わりに口座を作らせるとか。ヤミ金にしてみれば、金に困った人など探す必要がないでしょう。わざわざ探さなくても、顧客の中にたくさんいるわけです。そういった人たちに作らせるわけです。
このような口座をいくつも持ち、口座凍結などのリスクを分散しながら営業をしているようです。

 

それヤミ金の片棒を担いでます!口座や携帯電話の代理契約!

世の中、怪しいアルバイトの中に口座開設を行い売却することや携帯電話を契約し名義ごと売ってしまうというものがあります。これらの殆どがヤミ金や詐欺集団の手に渡り悪用されています。高額な現金を簡単に手に入れたいと思って手を出したら、ヤミ金の悪事に関係してしまったというケースは少なからずあります。
特に銀行口座は、ヤミ金の振り込み用口座に利用されてしまい、被害が告発されると銀行口座が凍結されます。ここで注意しなければならないのが、銀行口座の凍結リストには、名義人の個人情報までも登録されています。この後、重大な問題と発展し、新たな銀行口座をどこの銀行でも開設出来なくなってしまいます。つまり、口座名義を売り渡したという違法行為が後の人生を傷つけます。大学生であれば、銀行口座が開設出来なくなるということは、まともな企業に就職できないということになります。給与は全て銀行口座振込が主流ですから、振込口座が作れないということは問題があると発覚してしまいます。また、携帯電話の場合、同じキャリアでの契約が出来なくなります。最近主流の格安SIMやスマホですが、クレジットカード決済のものが多く、不正利用が発覚すると契約の停止になります。また、端末代金を割賦購入していた場合、割賦購入自体が強制解約となり、その事故情報が個人信用情報に残ります。
簡単に現金を得ようとした行為がヤミ金と繋がった場合、その後の人生に計り知れないダメージを受けるため、怪しいバイトには手を出すのは厳禁です。

 

【コラム】ヤミ金の口座とマイナンバー(マネーロンダリングの防止)

マネーロンダリングの防止が世界的に行われる中、日本においても金融当局の対策が進んでいます。
さらに警察もヤミ金の摘発が暴力団などの資金源根絶につながることから強化しており、 5年前と比較としても件数自体が半減しています。
ただし被害額そのものは増えていることから、一件あたりの被害金額が高騰していることが伺えます。
さて、上記でも述べたように金融当局の規制、特に振り込め詐欺対策も含めて銀行口座の凍結が頻繁に行われるようになりましたから、 銀行を介した資金の移動は難しくなりつつあります。
加えて昨今話題のマイナンバーが銀行口座への紐付けが始まりますし、すでに外貨預金や投資信託の口座では必須になっています。2020年以降には普通預金口座においてもマイナンバーの通知が義務化されるとの観測もあり、ますますマネーロンダリングが難しくなります。
こうなると逆に、完全に銀行介さないヤミ金が跋扈しかねない状況になるかと思いきや、お金の動きそのものを政府が把握できる状態になるわけです。市場でイレギュラーなお金の動きがあれば一目瞭然なため、結局はヤミ金で利益を得たとしても使い道自体が非常に困難になると言うわけです。
このようにマイナンバー制度が浸透すればするほど、お金の動きに関しては闇世界の存在が追い詰められていくのは間違いありません。

 

 

闇金が恐れていること

借り手のほとんどは闇金のことを恐れています。住所や勤め先を知られているので、何をされるかわからない。とくに、家族がいる場合は
しかし、闇金も恐れていることがあります。

  • 警察
  • 借りパク
  • 口座凍結
  • 出し子がパクられる
  • 司法書士や弁護士の介入

闇金は違法なので、逮捕される可能性があります。ですから、当然、警察を恐れます。
借りパクも恐れています。はじめから返す気がないわけですから。
たしか、漫画『闇金ウシジマくん』の中でも、「借り手(客)が怖い」というようなセリフがあったような記憶があります。見えないし、騙そうとするヤツがいるから、といった理由だったような。
口座凍結も恐れています。マメに引き出したり、金を貸したりして、口座の残高を少なくしているはずですが、それでも凍結されれば、いくらか損をするし、また、新しい口座を用意しなければならないので、恐れます。
このほかでは、出し子(口座に入っているお金の引き出し役)がパクられることでしょう。出し子を使っていれば、ですが。
司法書士や弁護士の介入も恐れていることでしょう。

 

 

闇金被害の相談ができる公的機関

法テラス
国民向けの法的支援を行う中心的な機関。正式名称は「日本司法支援センター」。
経済的に余裕のない人が法的なトラブルにあったとき、法律相談を無料でうけられたり、必要に応じて弁護士・司法書士の費用などを立替えてくれます。
闇金被害の相談もできます。
ただし、法テラスじたいが闇金問題を解決してくれるわけではありません。あくまでも、弁護士や司法書士を紹介してくれるだけです。
法テラス本部所在地・連絡先
電話:0503383−5333
住所:東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー8F

 

 

闇金相談:民商(民主商工会)に相談する方法もある
民商を知っている方もいることでしょう。実際に、会員になっている方もいるはず。
日本共産党系の商工団体。
会員になると、融資の相談、補助金・助成金の相談、税金の相談など、様々なサポートをうけることができます。
会費は月5000円程度。
会員であれば、ここで闇金の借金問題を相談することができます。
場合によっては、闇金と交渉してくれるかもしれません。

 

ただし、私はオススメしません。
なぜなら、闇金の情報を持っていないからです。
どの闇金がどのような対応をとってくるかわからないので、交渉の仕方によっては取引先などに嫌がらせがあることも考えられます。
また、新たに会員になると、月々5000円の会費がかかってしまいます。助けていただいた恩があるので、2、3カ月で退会するというわけにはいかないでしょう。
「闇金のこと以外にもいろいろと相談したいことがある」という方にはいいかもしれません。
興味がある方は、「民商 住んでる地域名」で検索してみてください。

 

余談ですが、私も民商の会員の方に誘われたことがあります。勧誘というほどではありません。
「確定申告の相談会があるから参加しない?」程度です。
確定申告でわからないことがあったので、いいかなと思ったのですが、だいぶ前に、「民商のみんなで市役所に抗議に行った」といった話を聞いたことがったので、やめました。そんなことまでしなければならないのか、と尾もお手。
それからしばらくして、私のことを誘った会員の方は経営難に陥り、「どこか融資をうけられるところはないか?」と民商に相談しに行ったそうです。
しかし、「今、選挙で忙しいから」と話すら聞いてもらえなかったそうです。おそらく、共産党候補者の応援でしょう。会費を払っている会員よりも、選挙の応援のほうが優先なんておかしい、と嘆いていました。

 

 

いろいろな闇金や怪しい裏金融

闇金といってもいろいろなタイプがあります。闇金だか正規の貸金業者なのかわからないような金融屋もけっこうあります。
ここでいくつか紹介しておきましょう。
被害に遭わないためにも知識を身につけておきましょう。

 

ショッピング枠現金化(クレカ現金化)

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。
キャッシング枠はお金を借りることができますが、ほとんどの場合、限度額が低く設定されています。
そのため、すでに限度額いっぱいまで借りてしまったという人も多いことでしょう。
「しかし、ショッピング枠にまだ余裕がある。この枠を使ってお金を融通できないものか」
と考えた人もいるはず。
ショッピング枠現金化とは、その名のとおり、クレジットカードのショッピング枠を現金化すること。
ショッピング枠現金化をしている金融屋には2タイプあります。

  1. 客に換金率が高い商品をクレジットカードで買わせ、それを買い取る
  2. 客に自社の商品を買わせ、それを買い取る

1のほうは、買取屋です。
客に換金率が高い商品をクレジットカード(のショッピング枠)で買わせ、それを買い取ります。
主に、家電やゲーム機などの人気商品です。
それを購入し、持ち帰ります。そして、金融屋に持ち込むと買い取ってもらえるので、手元に現金ができます。
もう1つのタイプは、客に自社の商品を買わせ、それを買い取ります。
商品をクレジットカード(のショッピング枠)で買い、その場で買い取ってもらいます。
ただし、直接商品の受け渡しはなく、伝票上のやり取りだけ
最近は、ネットで申し込み、口座に振り込まれるのが多いようです。商品はなんだかよくわからず、これも伝票上でのやり取りだけ。一応、後日、明細書らしきものを送ってくる金融屋もあります。
このタイプの換金率は、80〜87%くらいでしょうか。

 

ショッピング枠現金化は利用しても大丈夫?

「そうか、その手があったか。クレジットカードのショッピング枠はまだ使える。さっそく現金化しよう」
そう思ったあなた、危険です。
ショッピング枠現金化で詐欺にあった、という話はあまり聞きません。
ただ、広告に記載されていた換金率よりも低かった、という話は聞きます。
かなり怪しい金融屋ですが、一応、きちんと現金化されるようです。
「闇金よりいいのでは」と思うかもしれません。
ただ、現金化はクレジットカードの規約に違反するそうです。カード会社にバレれば、カードが使えなくなる恐れがあります。

 

すでにショッピング枠現金化を利用していたら、どうする?

支払いができるのであれば、支払っていきましょう。
そして、もう利用しないことです。
「カード会社がなにもいってこないから、気づかないのだろう」と思って今後も利用すると、ヤバいことになるかもしれません。
また、ショッピング枠現金化の金融屋は闇金ではない可能性が高いので、当サイトで紹介している闇金相談所で相談しても何も解決しないでしょう。

 

買取屋

買取屋は、上で紹介したショッピング枠現金化のことです。
客に換金性の高い商品を購入させ、それを買い取ります。
金融屋のほうで、商品指定することが多いです。「○○店(家電量販店)で●●という商品を買ってきてください」というように。ご丁寧に型番まで教えるところもあります。

 

買取屋の体験談

じつは、私、かなり前ですが、買取屋を利用したことがあります。
たしか、スポーツ紙か夕刊紙の三行広告で見つけたと思います。
電話をかけたら、カードのことを聞かれ、持ってくるようにいわれました。
金融屋の場所は、池袋駅近くにある雑居ビルの一室。
そして、池袋のある店でビデオデッキを買ってくるように指示されました。勿論、クレジットカードで。型番まで教えてもらい、必ず配送ではなく、持ち帰るようにといわれました。
店に行き、スタッフ(店員)に「これ、ください。カードだ買いたいのですが」というようなことをいいました(覚えていません)。あっさり、買えました。たしか、10回払いくらいにしたと思います。
その後、スタッフに「持ち帰ります」といったら、少し驚いていたような。
商品を受け取り、金融屋まで戻ることに。
当時のビデオデッキ、はっきりいって、かなり重かったです。金のためなので、我慢しましたが。
金融屋に着くと商品を確認され、すぐに現金を渡されました。
換金率は悪かった記憶があります。「これだけかよ」といったかんじ。
さらに、カード会社に払う金利もあるので、換金率はかなりひどかったです。

 

 

システム金融

システム金融は、闇金のひとつです。
ターゲットはほとんどの場合、個人ではなく、零細企業。
まずは、三行広告やダイレクトメールなどで融資を誘います。仮にA社という金融屋にしておきましょうか。
零細企業の経営者が融資を申し込んできたら、審査がどうのこうので、広告に記載されている条件では通らなかったと伝えます。
はじめから、広告に記載されている条件で融資をするつもりはなかったのです。広告に記載されている「融資額」や「金利」は釣り。カモを引き寄せるために記載しただけなのです。
その後、、「○パーセントなら○○円までご融資できます」といいだす。
「いい金融屋だ」と思うかもしれませんが、これがかなりの高利。
当然、断ろうとするのですが、「最初はこれで信用をつけてください。その後、もう少し低い金利で融資いたします」となんとか納得させようとします。
これで借りてしまうと、システム金融にハメられてしまいます。
金利が高いので、金を借りた経営者は返済日の前に金策に走ります。しかし、そう簡単に金を用意できません。
それで、困っていると、タイミングよく、金融屋のB社から融資のダイレクトメール(当時はFAXで)がきたり、営業電話がかかってきます。
「なぜ、うちのファックス番号や電話番号を知っているのか?」と疑問に思うのですが、金を用意しなければならないので飛びつきます。
これがまた高利です。
そして、返済日が近くなって金策に走っていると、タイミングよく、別な金融屋C社から融資の話がきます。当然、高利です。
こうして、どんどん高利で貸していくわけです。
勘のいい人なら、もうわかっていると思いますが、A社、B社、C社は繋がっています。同じグループの金融屋です。事務所が同じ、経営者も同じということもよくあるようです。

だから、返済日を知っていて、その前に融資の話を持ちかけるわけです。
これが、システム金融の手口です。

 

年金担保金融

年金担保金融とは、闇金のことを指すことが多いので、注意が必要になります。一般的に、年金を担保にして融資をすることは禁止されています。その禁止されている行為を行っている業者は、高い確率で闇金となるのです。
例外的に、独立行政法人福祉医療機構だけが年金を担保にして融資を行うことが認められています。また、株式会社日本政策金融公庫でも、「恩給・共済年金担保融資」という制度があります。
独立行政法人福祉医療機構と株式会社日本政策金融公庫は両方とも民間の会社ではなく、公的な機関となるようです。そのため、民間の会社では、年金担保金融は存在しません。
高齢者をターゲットにした詐欺は増えていますが、「年金を担保にしてお金を貸します」という詐欺もその1つと言えます。闇金で借りてしまうと法律の上限をはるかに超えた利息をとられてしまいます。2万円を借りただけなのに、半年後には20万円まで借金が増えていたということもあります。絶対に年金担保金融は利用をしないようにしておきましょう。
どうしてもお金が必要になった時には、役所に相談をして、国の制度を利用するようにしましょう。独立行政法人福祉医療機構の年金担保貸付の他、さまざまな高齢者向けの制度が用意されています。

 

 

闇金のフリをした詐欺に注意!

最近、闇金のフリをした詐欺が増えています。
詐欺ですから、お金を騙し取ろうとします。
手口は以下のとおり。
ネットの掲示板などに「融資する」といった書き込みがある

 

融資を申し込む

「先に現金を振り込んでくれ」といってくる

現金を振り込む

連絡が途切れる

 

ネットの掲示板に「融資する」といった書き込みがあります。主に個人名で書き込まれます。融資条件はそこそこ。
それで、融資を申し込むと、「先に現金を振り込んでくれ」といわれます。
たいがいは、数千円です。ギリギリ払えるかな、といった微妙な金額。
「なぜ、現金を振り込まなければならないのか?」とたずねると、「信用をつけてもらいます」「最近、借りパクが多いので」などともっともらしい理由をつけてきます。
そして、指定された口座に振り込む、連絡が途切れます。勿論、融資が実行されることはありません。

 

そもそも、お金を借りるのに、お金を振り込む、というのがおかしいですよね。
でも、どうしても借りたいと、話にのってしまうようです。
「先に現金を振り込んでくれ」といってくるようなところは怪しいので関わらないほうがいいです。

 

もし、振り込んでしまったら?
取り返すのは難しいかも。
警察に被害届を出しても、積極的に動いてくれるとは思えません。
それに、警察に事情を説明するのも大変。「なんで、振り込んだの?」「そんな話にのったら駄目だろ」などと説教されそうです(闇金の被害で相談にいくと、説教する刑事さんが多いようです)。
私なら悔しいけど泣き寝入りですね。
いいアドバイスができなくて、ごめんなさい。

 

 

闇金に復讐したい

闇金に苦しめられた。あいつらに仕返ししたい!
闇金に復讐したい!

 

このように思っている方もいることでしょう。
私も闇金に復讐したいと思ったことがありました。
でも、やめておきました。
その理由は、こちらの個人情報をにぎられているからです。闇金からお金を借りるとき、こちらの個人情報をかなり提示してしまいました。
何らかの方法で復讐したとき、こちらがやったとバレなければいいのですが、もしバレてしまったら、闇金はなにをしてくるかわかりません。
せっかく、司法書士に依頼して解決できたので、いまさら問題を起こしたくないと思っています。
ビビッている。
と思う方もいるでしょう。そうですね。ビビッているといえば、ビビッています。妻も子供もいますので。
今、私にできる復讐はこのサイトくらい。

 

私が考えた復讐。

  • 口座を凍結させる
  • 闇金が使っている携帯電話を使えなくする
  • 借りパク

 

 

かつて闇金融が社会問題になった

現在では少なくなりましたが、かつて闇金融が社会問題になりました。
闇金融が社会問題になった理由は、強引な手法が目立ったからです。
たとえば、返済能力がないと分かっている人に強引にお金を貸して、高利を設定します。
そして返済に困り滞るようになると、暴力や脅迫、嫌がらせなどをして、借金の取り立てを行います。
その結果、お金を借りた人は追い詰められてしまい、自ら命を絶つことも少なくありませんでした。
社会問題として闇金融が取り上げられるようになった結果、国としての対策が進みました。
現在では強引な貸し付けや取り立ては禁止され、違反をすると営業停止処分が科せられます。
違反した金融業者に重い処分が科せられるようになったことから、闇金融は一時期に比べるとかなり減っています。
お金を借りに金融業者を訪れても、マンガや映画のような強面の男性が対応することは少なくなり、笑顔のスタッフが丁寧な対応をしてくれます。
しかし、数は少なくなったと言っても、闇金融が絶滅したわけではありません。
現代でも一部には高利や強引な貸し付けをする闇金融は残っていて、騙される人もいます。
闇金融に騙されないためには、甘い言葉に乗らず信頼のできる金融業者を利用しましょう。

 

 

 

闇金業者一覧

※まともな会社と同じ名前の闇金があります。言うまでもありませんが、まともな会社と闇金は無関係です
※わかっている範囲内で融資条件を記載していますが、間違っても借りないように。「利息をこんなに取りますよ」という意味で載せています

 

  • アイク

    初回:1週間2割、10日間3割、手数料3000円

  • アップルキャッシュ
  • 初回:1週間2割、10日間3割、手数料3000円
    勤め先の在籍確認は必ず必要
    生活保護を受給されている方は受給日の10日前からの融資が可能

  • エバーグリーン
  • 初回:1週間2割、10日間3割、手数料3000円
    専業主婦の方でも融資可能
    生活保護や年金受給者の方でも融資可能

  • エンライフクレジット
  • オルシップ
  • (融資)対象外「平成生まれ」「年金受給者」「生活保護」「無職」「外国人」※公式サイトに記載されています

  • オレンジファイナンス
  • グッドサポート
  • グリーンローン
  • サニーライフ
  • 初回:顔写真必要

  • サンクス
  • 10日間3割、2週間5割

  • シナジー
  • 初回:1週間2割、10日間3割、手数料3000円

  • スピードキャッシング
  • 初回:1週間2割、10日間3割、手数料?

  • セブン(Cashing7)
  • ティアリス
  • マネールック
  • モバイルクレジット
  • 初回:1週間2割、10日間3割、14日間4割、手数料3000円

  • ライフ
  • ライフネットバンク
  • 「個人間融資」を強調
    1週間2割、10日間3割、14日間4割、手数料3000円

  • リブート
  • リボンキャッシング
  • 融資金額から先引き利息の20%と手数料3000円

  • レイトファイナンス
  • ローンズ
  • 初回:1週間2割、10日間3割、14日間4割、手数料?

  • CashingSORA(キャッシングソラ)

 

個人名の闇金(有名な闇金だけ)

  • 本山
  • ヤバい
    嫌がらせがすご過ぎる

  • 江口
  • 肥後
  • 鷲尾

 

 

闇金から借りる前に

※まだ借りていない人は読んでください
※以下のことを実行する場合は自己責任でお願いします

 

嘘をついてでも身内から借りる
闇金で借りられるのは2万円以下です。
だったら、嘘をついてでも身内から借りましょう。
本当はよくないことですが、闇金から借りるよりはマシ。

 

嘘をついてでも会社から前借する
勤めている人は会社(店)にいって給料の前借をさせてもらいましょう。
嘘はよくないけど、闇金から借りるよりはマシです。

 

生命保険の契約者貸付で借りる
生命保険の種類によっては、お金を借りられるものがあります。
「契約者貸付」です。
借りられるかどうか、保険の契約書を調べましょう。保険会社に電話をかけて聞いてもいいでしょう。
現金が手元に入るまでけっこうかかるので、早めに申し込みましょう。
私も借りたことがあります。
利息が高いので、なるべく早めに返済しましょう。

 

家賃を滞納する
賃貸物件に済んでいる人は家賃を支払っていることでしょう。
その家賃を滞納します。
勿論、不動産屋と大家さんに了解を得てからです。
まず、不動産屋に電話をかけ、事情を話しましょう。早めに話したほうがいいです。大家さんも物件のローンを支払っている可能性があるので。
「家賃の支払いを待ってください」
できれば、「半額だけ支払います」とか、「いつまでに払います」といってお願いしたほうがいいです。
でも、無理なら「できるだけ早く支払います」で。できないことをいうと、かえって迷惑をかけてしますので。
最悪、「闇金に借りなければならない状況にまで追い込まれている」といえば、少し待ってくれるでしょう。ただし、次回の契約更新時にいろいろあるかもしれませんが。
私も不動産屋にお願いして、大家さんにかけあってもらったことがあります。
それで、2カ月分くらい待ってもらい、その後しばらくは、2カ月遅れで支払い。お金に余裕ができたので、全部支払いました。
意外と待ってくれるものです。「追い出すわけにもいかないので、仕方がない」といったところでしょう。

 

日払いのアルバイトをする
地域にもよりますが、日払いのアルバイトはけっこうあります。
タウンワークとかで探せば、けっこう出てきます。
「日払いのバイトしたいけど、うちの会社はダブルワーク禁止なんです」という人もいることでしょう。
でも、経営者や上司に事情を説明すれば、なんとか許可してもらえることもあります。
私は任意整理直後、土、日、祝祭日だけ翌日払いのバイトをしていました。
感じの悪い社員が多かったんぽですが、すぐに現金が入ってくるので助かりました。
引っ越しや工場の軽作業はきついけど、土、日、祝祭日に働けるバイトがけっこうありますよ。しばらくの間は我慢してやってみてはどうでしょうか。

 

amazonギフト券をクレジットカードで購入して換金
おすすめできませんが、「amazonギフト券をクレジットカードで購入して換金する」という方法で現金を作ることができます。
かつて、「新幹線のチケット」や「百貨店の商品券」などで同じようなことができました(現在は難しいようです)。
これと同じようなことがamazonギフト券でできます。

 

amazonのサイトでギフト券をクレジットカードで購入

amazonギフト券買取屋に買い取ってもらう

 

amazonギフト券買取屋は、「amazonギフト券 買取」で検索すると出てきます。
現金を作りたい、というのはわかりますが、最初から大きな金額を購入するとカード会社のチェックが入るかもしれません。一般的な利用範囲の金額分で。
買取屋は、大手のほうが安心。
買取率は88〜91%。
振込手数料を引かれることがあります。

 

もう一度、書きますが、「おすすめできません」。
でも、ヤミ金で借りるよりはまだマシ、と思って書きました。
ちなみに、私は楽天であるものをクレジットカードで購入し、即換金しました。

 

 

闇金用語集

キリトリ 回収のことです。最近はあまり使われません。
短期 返済スパンが短い借入のこと。1週間とか10日間とか。

「短期の業者」といえば、短いスパンで貸している業者。つまり、闇金業者のこと。

月1 「月1割」の闇金業者などいないので、これは利息のことではないでしょう。

「月1回返済」のことです。

トバシの携帯(電話) 他人名義や架空名義で契約された携帯電話のこと。闇金業者の必需品。

利用料金が支払われないので、1、2カ月で利用できなくなる。闇金業者と連絡がとれなくなったり、担当者の電話番号が代わるのはこのため。
トバシ携帯の現在の相場は、3万円前後。

 

 

闇金Q&A

ソフト闇金で3万円を借りたのですが、2万1000円しか入金がありませんでした。2万1000円しか返さなくてよいのでしょうか?

借りたのは3万円ということなので、「利息分6000円(2割)、手数料3000円」を引かれたか、「利息分9000円(3割)」を引かれたのでしょう。
なので、返すのは3万円だと思います。

ジャンプは何回でもできますか?

ジャンプの回数に制限がないところが多いです。
ただ、中には回数を制限しているところもあります。

闇金で借りる場合、必ず在籍確認をされますか?

闇金は融資審査の際、在籍確認をします。
しかし、在籍確認をしない闇金もあります。
その代わり、社員証、社会保険証、給料明細票などが必要です。

返済するお金がなくて闇金の担当者に電話をかけたら、「勤め先の会社に電話をかける」といわれました。どうすればいいでしょうか?

先に、会社に伝えておくのも一つ手です。
私なら、会社に「詐欺集団のところからお金を要求されている。今、警察(または司法書士)に相談しているので、相手にしないでほしい」と嘘をつきます。その後、司法書士に闇金問題の解決を依頼。
あくまでも、私なら、です。
それか、先に司法書士に依頼して、アドバイスをうけてもいいでしょう。

口座を凍結されてしまいました。どうすればいいですか?

すぐに金融機関へ行って事情を話しましょう。
口座凍結の要請を出した警察署を聞きだし、連絡。
担当の刑事さんに会って事情を説明。
凍結解除の要請を出してもらいましょう。

闇金に「返済しなかったら、ヤバい金融屋に債権を売る」といわれました。売られた後、どうなるのでしょうか?

ほとんどの闇金は貸借契約書を作成しません。
契約書がない債権、しかも、元本2、3万円の債権など買う金融屋はないでしょう。
「債権を売る」は、闇金がよく使う脅し文句です。
ただし、個人情報は本当に売られてしまうことがあるので、注意してください。

闇金と連絡が取れません。返済日を過ぎているのですが、返さなくてよいのでしょうか?

闇金と連絡が取れなくなることはよくあります。
数日後に電話がかかってくることもあれば、かかってこないこともあります。
私なら、闇金から電話がかかってくるまで返済しません。

弁護士にヤミ金の借金問題解決を依頼しようと思ったら、「着手金を払ってもらえないと着手できない」といわれました。着手金は後払いにできないのでしょうか?

一般的に、弁護士の方は着手金を受け取ってから着手します。
しかし、ヤミ金の借金で困っている人は、着手金を払いたくても手元にお金がないですよね。
ヤミ金案件に特化した司法書士なら、そのへんの事情はよくわかっているので、着手金なし、または着手金後払いで着手してくれます。

明日、払うお金がありません。ヤミ金と交渉すれば、来週まで待ってもらえるでしょうか?

待ってもらえるか、どうかは、ヤミ金しだい、担当しだい、あなたの返済状況しだいです。
借りて1回目の返済だと、どこも待たないと思いますが、ある程度、利息を払っていれば、待ってもらえることが多いです。
私も1週間ほど待ってもらったとこがあります。そのときは、延滞金なしでした。

ヤミ金の借金問題は司法書士に頼めば即日解決してもらえますか?とにかく、早く解決したいのですが。

依頼して手続きがスムーズに進み、すぐに動いて(着手して)もらえば、即日解決も可能です。
うるさくないヤミ金であれば、早いと思います。
受任から1時間で全部解決した、という話も聞いたことがあります。

司法書士を使って闇金の借金を踏み倒したいのですが、可能でしょうか?

可能といえば、可能ですが。
「踏み倒す」といった考え方はどうでしょうかね。あまりいいとは思えません。
「返済したいけど、もうどうにもならないから」とか、「返済したいけど、もうそろそろ苦しいかな」という状況で仕方なく司法書士に頼む、というのであればいいのですが。

お金に困っているのでヤミ金に口座を売ろうと思っています。闇金に電話をかければ買ってもらえますか?

それはわかりません。
いくら闇金でも、どこの誰かわからない人から「口座を買ってほしい」といわれたら、怪しいと思うはず。買わない可能性が高いです。
上でも書いていますが、口座を売ると、犯罪者になってしまいます。闇金側と同じ。いや、売却目的で新規の口座を作り、それを売れば、闇金よりも罪が重いかもしれません。
とにかく、売らないこと。
どうしてもお金が必要であれば、ほかの方法で作りましょう。
ヒント。NS決済。

闇金に「家に火をつけてやる」と脅されました。

どうすればいいですか?

本当に火をつけることはしないと思います。
家に火をつければ「放火」になるので、罪が重いですよね。数万円の借金のために放火をしたのでは、割に合わないでしょう。
そうだとわかっていても、怖いですよね。
警察に相談したほうがいいと思います。
うまくいけば、警察が闇金との間に入ってくれ、闇金が債務を放棄するかもしれません。借金がなくなるわけです。
もし、闇金との会話を録音してあれば、かなり動いてもらえるのですが。

 

闇金相談所|法務事務所の無料相談はこちら トップ