闇金相談

ヤミ金の被害は警察に相談するのがもっともよいのか?

投稿日:

ヤミ金の被害に遭い、警察に相談する人も多いようです。
ヤミ金の借金問題は警察に相談することで解決できるのでしょうか?
これは、解決する場合と、解決しない場合があります。
問題となるのが、「民事不介入」という警察の原則です。
ヤミ金と客のトラブルは、金銭の貸し借りであり、民事の問題。なので、警察はなかなか動きにくいといえます。

これに警察が介入するとなると、それなりの理由や犯罪の決め手となる証拠が必要になるでしょう。
それなりの理由とは、たとえば、暴力をふるわれたとか、脅されたとか。暴力行為があれば、警察も動かざるをえません。
犯罪の決め手となる証拠があれば、さらに動きやすいでしょう。たとえば、電話での催促や脅されたときの会話を録音しておくなど。
ただ返済できないというだけでいくと、「嫌がらせや危害を加えられたら来て下さい」と追い返されることもあります。

ヤミ金から頻繁に電話がかかってくるようであれば、警察の方に直接電話に出て対応してもらうのもいいでしょう。

警察に相談する場合は、所轄の警察署へ行きます。所轄警察署がわからないという人はネットで調べるといいでしょう。近くの交番にいって所轄警察署を効いても良いでしょう。
警察署へ行くときは、事前に「ヤミ金のことで相談したいのですが」と電話をしてからだと話がスムーズに進みます。

大阪府警察 | ヤミ金融事犯に関すること

警察で闇金対策を教わり、自分で解決

今では「過払い金は戻ってきます」のCMを見るのが当たり前のようになっていますが、ほんの十数年前までは金利も高く、返済が苦しくなり返済のための借金を繰り返す自転車操業状態に陥り、最後には借りる場所もなくなりつい闇金に手を出してしまうという人も多かったのではないでしょうか。という私がその闇金に手を出してしまった一人なのですが。闇金があんなにも怖いものだと思わずに、その時はとにかくお金を用立てるのに精いっぱいで貸してくれるならどこでもいいと思い電話してしまいました。貸す方はいいカモが現れたと思ったでしょう。簡単に貸してくれました。返済の迫っていたカード会社への入金が間に合うと闇金会社からの取り立てのためにまた枠が空いたところから借りて返すという地獄のような日々が始まりました。家族に知れるわけににはいかない。借りるところはもうない。闇金会社に頭を下げるのが普通になっていきました。金利など全然頭に無く返せるところ借りれるところを考える毎日でした。しかしとうとうどうにもできなくなり、いろいろ調べたときに警察の相談センターを見つけてすがる思いで電話しました。そこで対策のレクチャーを教わり、闇金会社に電話をし金利について警察に相談したことを話し取引終了のお願いをし話を終えました。手も声も震えていました。警察の名を出したとたんにそこの会社からの電話が来ることはなくなり、開放感でいっぱいでした。しかしいろいろな闇金会社からの勧誘の電話はしばらく続き、心の休まる日はありませんでした。多額債務も家族に全部話し解決しました。その頃には闇金会社からの電話もなくなり借金地獄から抜け出せました。カード会社からの過払い金は戻ってくるかもしれませんが、闇金会社からは苦しみしか戻ってきません。もうどうしようもなかったからとつい手を出してしまった闇金があんなにも怖いとは思いもしませんでした。だいぶお金はかかりましたが、社会勉強にはなりました。今ではカードも作らず借金もせずの生活をしていますが、簡単にお金を借りて生活しても幸せにはなれないということを肝に銘じるようになりました。闇金は本当に怖いものです。全てをなくしてしまうものです。
※投稿していただいた体験談です

-闇金相談

Copyright© 闇金相談所|私は借金問題を解決できました! , 2018 AllRights Reserved.