夜逃げの経験者が教える「闇金問題の解決方法」

夜逃げをしようかと考えている方へ ⇒ 絶対にやめたほうがいいです
すぐに手持ちのお金が底をつきます。
何年も逃げるのは大変。
闇金への返済で困ったら、夜逃げをしないで、闇金に強い司法書士、弁護士、所轄の警察署、法テラスなどで相談しましょう。
解決できます。

夜逃げをしている方へ ⇒ 自宅に戻ったほうがいいでしょう
たぶん、心身ともに疲れていることでしょう。
自宅に戻って、闇金に強い司法書士、弁護士、所轄の警察署、法テラスなどで相談しましょう。
これで、闇金の借金問題は解決できます。
闇金以外の借金は、債務整理に強い司法書士か弁護士に相談して任意整理や自己破産をすれば、解決できます。
すでに自宅がない方は、市役所、または区役所で相談しましょう。
また、所持金がなくて生活できない方、とくに食費もない方は、市役所や区役所へ直行し、相談しましょう。

無料の闇金相談所はこちら!
闇金に強い司法書士、弁護士の無料相談です。
闇金相談所一覧

 

借金返済が困難⇒夜逃げ
なぜか、このように考えてしまう人がいます。
じつは、私もそうでした。20代のころ、借金の返済が困難になり、夜逃げをしました。

闇金問題は夜逃げをすることで解決できるのでしょうか?
どちらともいえません。
借金には時効があります。たしか、5年で時効(違っていたら、すみません)。
その間、逃げていれば、時効によって借金の返済義務がなくなります。

では、闇金の借金も時効になるのでしょうか?
なると思います。
しかし、闇金にすれば、もともと違法を承知でやっているので、法律上の時効など関係ないと思うでしょう。
時効後も、借りた本人を見つければ、取り立てるはずです。
夜逃げが無駄になってしまう可能性があるわけです。

それに、夜逃げは大変ですよ。
誰か知り合いで居候させてくれる人がいればいいのですが、いない場合は自分でなんとかしなければなりません。
手持ちの現金が多ければ、部屋を借りることもできます。少ない場合はサウナ、漫画喫茶、ネットカフェなどを転々とし、現金がなくなれば野宿となります。まさに、ホームレスです。
私の場合、夜逃げをした後、友人宅を転々とし、サウナを転々とし、現金がなくなってからはマンションの非常階段(外から見えないところ)で寝ていました。
結局、辛くて、自宅(借りていたアパート)に戻りました。

闇金の返済が困難になって夜逃げを考えている人へ。
夜逃げ経験者の私がアドバイスします。
やめたほうがいいです。
本当に夜逃げは辛いです。
闇金の借金は司法書士に任せ、まともな貸金業者の借金は債務整理で解決したほうが、夜逃げよりも楽です。

 

夜逃げ中の人へ

現在、夜逃げ中の人は、自宅に戻られたらどうでしょうか。
部屋を引き払っていないのなら、戻る。
家賃を滞納している方は、不動産屋か大家さんに連絡を取り、「滞納している家賃は分割払いにしてください」と交渉しましょう。
闇金の借金は、司法書士に依頼して整理してもらう。

生活費がない方は市役所に相談しましょう。
たしか、一時的に生活費を借りられる制度があったと思います。
それか、日払いのアルバイトをするとう手もあります。

夜逃げをしていると、生活を立て直すのが難しくなってしまいます。
帰るところがあれば帰り、そこから生活を立て直すことを考えましょう。

私は夜逃げをやめて、実家に帰りました。物置代わりに使っていた狭い部屋に住み、生活を立て直しました。


最終更新日: 2017/11/07