闇金の知識

闇金からしか借りられない場合

更新日:

闇金からしか借りられないということは、なんらかの事情があるということでしょう。その事情とは以下の2つのどちらかだと思います。

1.すでに限度額いっぱいまで借りている
2.ブラックリストに載っている

本来であれば、闇金などから借りず、もっと利息の低い、消費者金融、街金、カードのキャッシングなどから借りればいいわけです。
しかし、それらで限度額いっぱいまで借りていると、新規の借り入れができません。
あと借りられるところといえば、闇金、ということになります。

また、ブラックリストに載っている場合、闇金よりも利息が低い消費者金融、街金、カードのキャッシングなど新規の借り入れができません。
借りられるところは闇金ということになります。

どちらの事情があっても、闇金から借りるべきではありません。
1カ月以内にまとまったお金の入ってくる予定があり、「今をしのげばなんとかなる」というのならまだしも、そうでなければ借りないことです。

闇金からでも借りないと、生活できない。

というのであれば、闇金から借りず、すぐ債務整理を検討するべきです。
「闇金からでも借りないと、生活できない」という状況であれば、金銭的に、経済的にかなり追い込まれた状況です。
将棋でいえば、「詰んでいる」状況(将棋はよくわかりませんが)。
闇金から借りてしのぐのではなく、債務整理で借金を整理したほうがいいでしょう。私ならそうします。
司法書士や弁護士に債務整理を依頼すると、消費者金融やカード会社に受任通知が送られます。
そうすれば、消費者金融やカード会社への返済は一時的にですが、ストップになります。
たとえば、任意整理であれば、和解するまで返済を止めていいわけです。和解するまでの期間は早くて2、3カ月です。
ひとまず、その返済に充てる予定だったお金を生活費に回しましょう。
債務整理後は返済があっても今までよりかは楽になるので、なんとかなるでしょう。なんとかならない、というようであれば、自己破産で債務の返済義務をなくせばいいわけです。

闇金から借りても、1週間後や10日後には返済日がきます。ジャンプをすればよいのですが、利子が高いので、ジャンプのお金を用意できないでしょう。
仮に用意できたとしても、また1週間後や10日後に返済日がきます。
どんどん追い込まれていくことになります。
遅かれ早かれ、バンザイすることになるでしょう。
だったら、少しでも余力があるうちに債務整理に取り掛かるべきです。

私は2014年に任意整理をしましたが、闇金から借りたりしてもがかず、早めに債務整理をすればよかったと後悔しています。
現在、闇金の借金はありません。司法書士が闇金と交渉して、借金をなくしてくれました。怖れていた闇金からの嫌がらせも、とくにありませんでした。
その他のまともな金融業者(カード会社など)の借金(任意整理後の返済分)は70万円ちょっと残っていますが、貯金が90万円ほどあるので、少しプラスです。

-闇金の知識

Copyright© 闇金相談所|私は借金問題を解決できました! , 2018 AllRights Reserved.