闇金の借金は自己破産してもなくならない

闇金から借金をしているが、自己破産の手続きに入るので、返済しなくていいだろう。

そう思っていませんか?
消費者金融やカード会社からの債務(借金)は、自己破産することにより返済義務がなくなります。免責が認められれば、実質、借金がなくなったといえます。
私の親もかつて、自己破産をしたことがあります。町工場を経営していたのですが、売上が落ち込み、資金難になってしまいました。いろいろと資金繰りをしたのですが、自転車操業は長続きせず、結局、弁護士に依頼して自己破産手続きを進めることになりました。免責が認められて、借金はすべてなくなりました。
このように、自己破産をして免責が認められれば、借金はなくなるわけです。

では、闇金からの借金はどうなるのでしょうか?
そもそも、闇金は違法な貸し付けをおこなっています。そのため、自己破産による免責、といった法律上の手続きも関係ありません。
自己破産後も借金が残っているという認識なのです。
それまでと変わらず、催促や取り立てしてくるでしょう。

また、闇金からの借金があると、ふつうの司法書士や弁護士は、自己破産などの債務整理を断ります。
「闇金からの借金があるので、受任できない」「先に闇金の借金をなくしてから依頼してほしい」といってくるでしょう。
断る理由はよくわかりません。やはり、闇金が絡んでくると、面倒だからでしょう。

もちろん、自己破産は司法書士や弁護士に依頼せず、自分ですることも可能です。
ただし、そろえなければならない書類が多いので、かなり大変です。
私の親も自己破産する際に、自分で手続きをしようと思ったようですが、大変なので断念したそうです。
結局、親戚から費用(主に弁護士への報酬)を借りて手続きをしました。

闇金からの借金があると、司法書士や弁護士が自己破産の依頼をうけてくれない。
かといって、自己破産の手続きを自分でするのは大変。

では、どうすればよいのでしょうか?
まずは闇金からの借金をなくすことです。
返済できるようであれば、闇金だけ完済してしまう。
もし、完済できないようであれば、闇金問題に強い司法書士か弁護士に依頼して、闇金に借金(債権)を放棄してもらいましょう。

そして、闇金の借金がなくなった後、改めて、債務整理に強い司法書士か弁護士を探し、自己破産などの債務整理を依頼しましょう。