闇金の取り立て※対処法

闇金といえばきつい取り立てが当たり前でした。

返済が遅れれば電話でガンガン催促する。
それでも返さなければ取り立てにいく。

取り立ては昼夜問わず。
自宅でも、勤め先でも。
勤め先の会社へ闇金が取り立てに来て、上司が返済した、という話を聞いたことがあります。当然、社内で噂になったことでしょう。

取り立てがきついからこそ、消費者金融やカード会社への返済よりも闇金への返済を優先する。
この図式であるから闇金は稼げたわけです。

しかし、現在、闇金はほとんど取り立てにくることがありません。
電話での催促がほとんどです。
その理由としては以下の2つが考えられます。

もし、「取り立てにいく」と脅されたら、こちらの対処法を参考にしてください。

一般的な消費者金融などの貸金業者は貸金業法の中で強圧的な取り立てが禁止されています。一方、闇金はこれらの貸金業者として認可を受けていないものも多く、貸金業法を全く遵守しない行為を次々と繰り出してくるのが特徴的です。取り立てはその際たるものといえるでしょう。

闇金の取り立ては、まず返済日までに返済がない場合に電話での催促から始まります。最初から強圧的な口調で返済を迫ってくる場合もあれば、最初は優しく柔軟性があるように見せて油断させ、途中から急変してどんどん強圧的になっていくこともあります。これでも返済が行われないと自宅まで訪れて返済を迫ったり、わざと大声で罵ったり、嫌がらせを行うなどして近隣住民にも迷惑をかけるようになります。

また、自宅のみならず勤務先などにも電話や訪問を行い、会社の同僚に知られることで本人のプライドをズタズタに引き裂いて精神的に追い詰めていきます。さらには暴力を振るったり、子供や奥さんをつけまわすなどして身の危険すら感じるようになり、極限まで行ったところで生命保険に署名させたり、犯罪行為を強要したり、またはグループ企業から新たな借り入れをさせてさらなる借金地獄に追い詰めていくことになるのです。

闇金の取立てに対しては早期に対処する

闇金は違法な金利で貸付をしてくる違法業者たちの事であり、そこからお金を借りてしまうと取り立てや嫌がらせなど自分たちだけではなく周囲に対して迷惑がかかる行為が行われてしまいます。特に取り立てに関しては法律に則った業者ではないのでこちらの常識や都合が通じないことが多く、連日自宅に押しかけてきたり最悪の場合は職場に押しかけてきて取立てをしてくるという事もあります。
しかも闇金の貸付は金利が高額であるほかにも1日で増額されてしまうという事も少なくなく、取り立てに来るたびに借金が増えているという事も珍しくありません。また取り立ての際には脅迫めいた言葉で脅しを掛けてくることが多く、場合によっては暴力で借金をしている人たちを威圧するという事もあります。
このような闇金の取立てに対しては早期に対処することが出来るようになっており、対策を実行するためには弁護士などの法律の専門家の力を借りる事が一番スムーズであるとされています。というのも闇金は法律関連で対応される事を嫌う傾向があるため、裁判などに発展すると自分たちが警察に逮捕される可能性があることからすぐに取り立てや嫌がらせを辞めるという事も多いです。そのためもしも闇金からお金を借りてしまった場合は、司法書士や弁護士に相談してすぐに対策を講じる事が大切です。